« 兜千畳敷が強風でどうにもならないので、古平漁港へ | トップページ | 小樽南防波堤で未知とのカニとの遭遇 »

2002.03.10

極寒の中、息子と座敷犬を連れて余市河口漁港へ(オニ?)

2002年3月10日 14:00~18:00という妙に中途半端な時間に(笑)、 息子を連れて、余市河口漁港にカレイ釣りに行きました。実はここは(も)行くのははじめてです。というか、存在を知りませんでした(笑)。積丹方面はははじめてだらけでよく分からないの で、10年計画でじっくり調べていこうと思っています(笑)。

Dsnc4740
「門限」のある、「ユニーク」な港ですね(^_-)。実際はそれ以外の時間でも大丈夫です。

Dscn4741
釣り用に考えられているんだから、「落ちてもはい上がれない」ってのはちょっと・・・

Dscn4752
当日はシーズンはしりという事もあり、人も少な目。午後から来てもすぐ入れました。この日は釣果も今一つだったので、早々に帰った人もそれなりにいたようです。

Dscn4749
市販のカレイ釣り仕掛けに、生イソメ。右は遠投気味、右は普通に投げた。真ん中はブラーを沈めている。左の竿にカワガレイが来ました。

Dscn4762
はじめて1時間後、30センチ近いカワガレイがヒット。

Dscn4763
実は数年ぶりのカワガレイです。

Dscn4768
エサはこの程度で十分。余してしまう・・・

Dscn4755
極寒の中、ふるえる愛犬クリン。む、むごい・・・

Dscn4773
お久しぶ~り~ねっ♪(古いか)

結果はカワガレイ25センチくらいのが1枚、スナガレイ15センチ くらいのが一枚でした。しかし、スナの方は、投げた仕掛けに、 切れた仕掛けが引っかかり、それについていました(笑)。

 当日は16:00頃が満潮だったのですが、潮の流れが左から右に強 く、朝から一人数枚、という貧果でぱっとしない一日だったようです。食いも悪く、かなり大きめに餌をつけましたが、当たりら しい当たりも無く、ビミョーな穂先の揺れを、かなりほったらかして、やっとクチに針がフックキングした、という感じでした。

隣にいたおじさん曰く「昨日(土曜)の夕方は数時間で20枚くら い上がったんだけどなぁ」との事。う~ん、でもボウズじゃなくて良かったです。カワガレイはまあ普通(?)のサイズでしたが、お刺身で食べました。カワを食べるのは多分10年ぶりくらいだと思うのですが(笑)、結構アブラが乗っていて、美味でした(笑顔)。

« 兜千畳敷が強風でどうにもならないので、古平漁港へ | トップページ | 小樽南防波堤で未知とのカニとの遭遇 »

投げ釣り」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19368/17745346

この記事へのトラックバック一覧です: 極寒の中、息子と座敷犬を連れて余市河口漁港へ(オニ?):

« 兜千畳敷が強風でどうにもならないので、古平漁港へ | トップページ | 小樽南防波堤で未知とのカニとの遭遇 »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30