« 再びブリブリにブリ-余別沖 | トップページ | 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- »

2005.10.09

宴の後の戦いはつらいよ-RFT後の室蘭沖防波堤-

2005.10.9

室蘭を攻めに行きました。

まずは陸っぱりからアブ狙い、15時から沖防波堤で21時までソイを上げる、というとてもナイスな企画です。

まずは少し早めの12:30に到着、14:30までTさんと白鳥大橋の下を攻める。昨年秋に、ここで40UPのブリブリしたアブを釣りまくった事があったのです。期待感150%で始めますが、なかなかアブが出ません。

しつこくボトムを叩くがなかなか反応が出ない。さすがにもうだめかと集中力が切れかかった頃、ゴン!と強い当たり、おお!出た!バットからロッド曲がりまくりだ!しかし、クビ振らないぞ?な、なんと良型のソイ!こんな日中に?無事ネットインしたところ、なんと36センチもありました。いや~、嬉しいです。

結果にるんるんしつつ、待ち合わせの時間が近づいたので、舟乗り場に移動。ギリギリまでみんなで話し合った結果、南防波堤に渡る事になりました。というのも、実はこの日午前中、南防波堤では北海道ロックフィッシュトーナメントが行われていたのです(私も出たかったのですが、モタモタしているうちに満員御礼で参加締切になっていました(涙 )。どうやら参加者は100名近くだったらしく、ほぼ草刈り場と化した南防波堤に渡っても、今日はもうダメだろう、いや、夜の部はソイがある。ソイなら大丈夫じゃないか・・・?と結局南防波堤に渡る事になりました。

 室蘭沖防波堤は、日中の私は2,000円で渡してくれますが、それ以外の時間は、人数が集まらないと、一人5,000円とか取られてしまうため、なかなか夜に攻めることが出来ません。つまりそれだけ夜の部は濃いのです。

結果としては残念ながら案の定、ブリブリのアブは全然出ず、私はかなり良型のマゾイ2+クロソイ1。他チビはリリースとなりました。Tさんはマゾイ2キープで他リリース。随分マゾイが濃いなと思いました。恐らくオーバーナイトで入る客が少ないからだと思います。ただ、マゾイはボトムをずるずると引きずる釣りのため、かなり単調な釣りになってしまうのですが、ヒットするとクロソイの倍近いパワーがあるため、そういう意味ではおもしろいです。

 また、マゾイの大きな特徴はその引きの強さの他に、ものすごい旨い、という事です。返ってから、刺身にし、余ったガラで出し取ってラーメン作ったのですが、唖然とする位旨かったです。とにかく旨いとしか言いようのない旨さでした。

今回、クロソイ、トウベツカジカも出ませんでしたが、今年は暖かいせいかも知れませんので、もう少し立つと、良い感じになるんじゃないかと思います。

« 再びブリブリにブリ-余別沖 | トップページ | 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- »

ロックフィッシュ」カテゴリの記事

沖防波堤」カテゴリの記事

苫小牧・室蘭」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19368/6899361

この記事へのトラックバック一覧です: 宴の後の戦いはつらいよ-RFT後の室蘭沖防波堤-:

« 再びブリブリにブリ-余別沖 | トップページ | 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31