« 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- | トップページ | ミノーで初海アメマス »

2005.11.04

イワシ祭り、のはずがサバ祭りで磯ロック(執念編)

 先週(後で書きます)のイワシ祭りに味を占め、本格的にイワシ、 サバ狙いで朝方岩内港漁業ふ頭に。3時過ぎだったが既に人が沢山。 某新聞効果ですね(汗)。

 幸いな事に、とても気分の良い人に入れて貰い、かなり良いポジシ ョンに入る。6時前、明るくなる頃からコンスタントにサバの入れ食い20センチ~30センチ程度のサイズ。岸から釣れるサイズとしてはとても良い。

 おもしろいのは、水面にカタクチイワシが大量に泳いでおり、サバが回遊してくると、一斉に姿を消してしまう。どうもサバがカタクチを食べているようです。 そしてカタクチが姿をさっと消すと、垂らしておいたサビキにビビビッと強い当たりが出る。ので、カタクチが居なくなるのが前当たりなのです。

 必殺(?)マキエワークでカタクチをコンスタントに集めたせいか、私の釣っているところが一番最後まで良く釣れました(笑顔)。結局9時前に納竿。全部で15匹と堪能する。残念な事にこの日イワシはほとんど釣れなかった。

 その後磯ロックをすべく、泊方面に適当に車を走らせると、ほどよいサラシの岩場を発見。後で分かったが茅野という泊村の場所でした。せっせこと斜面を下りて岩場に出る。勿論ウエーダーを履く。おお!素晴らしいロケーションだ!これは楽しい!

 早速開始。2回ほど強烈な当たりが出るがフッキングせず。しかし、防波堤から釣るアブとは明らかに当たりの次元が違う!根掛かりが多く、瞬く間にテキサスにもかかわらず、タングステンシンカーを使い切る。最期に14gのジグヘッドを使い、底を攻める。根掛かりは回避出来ているが、当たりが遠い。フグもまだいて、ちょっと貯まっているところをゆっくりひくと、ワームがズタボロになるので、神経を使う。

 16時までに帰らないとまずい、、と思い、焦る。ふと目に入った、まだせめてない、ちょこんと頭を出している岩場のそばにキャスト、壁際に沿ってフォールするイメージで落とすと、フォールが止まる、お、と思った瞬間、軽く合わせると、ドカン!お、おおー!?来た!すごい引きだ!!婚姻色40UPのナイスアブ!ペアだったらしく片方が途中まで追いかけてきました。

 無事ゲットす、デジカメ忘れたので携帯で撮ろうとしたら取った瞬間電池切れ。そのまま元の場所でリリース。

 すごい、すごいです、磯ロック。磯のアブラコのパワーは、防波堤のとは一回りも二回りも違う!!異次元の引きです。景観も良いので気分も最高です。

 こりゃ確かに、やみつきになるぞ、、、、

« 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- | トップページ | ミノーで初海アメマス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イワシ祭り、のはずがサバ祭りで磯ロック(執念編):

« 「二万歩」の地名の意味を堪能-磯ロック- | トップページ | ミノーで初海アメマス »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30