« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.28

海アメゲット

2007年1月28日、またしても島牧へ出陣です。島牧の海アメ狙いは、やがて始まるサクラマス狙いの布石でもあります。早めの情報収集とポイント選択が肝ですね。

Shimamaki_1_20070128
島牧18番右岸。波はそこそこ。

Shimamaki_2_20070128
あちこちうろうろして、コビチャナイで1本やっと出ました。やせ気味ですが、まあどうにか40UPというところでしょうか。岡ジグAT30 ピンク。やっぱり岡ジグはここぞというところで頼りになります。

帰りにS川河口をチェック。波は穏やかですが、人もおらず、少し竿を出しましたが、ノーバイト、ノーチェイスで終了。まだちょっと早かったかな。。。
Shimamaki_3_20070128

2007.01.20

やべえ、また海アメボウズ!なので、ロックで癒されるの巻き

2007年1月20日、島牧に出撃しました(何となく気づいている方もいるかもしれませんが、実はレポートを上げるまでにかなり時間がかかっています・・・ちなみにこのレポートは 3月4日に書いています(汗)。しばらくこういう状態が続くかと思いますので、たまにバックナンバーを見て頂けると幸いです(汗 )。

Shimamaki_20070120_1
江ノ島海岸にて。ものすごいわかりにくいですが、右奥の二人連れの右側の大きい人は、世界のジム、村田さんです。そう言えば、釣り業界の新年交流会とかに呼ばれていたので、ついでに来たのでしょう(ある意味どっちがついでか職業的にわかりにくいですが、多分両方とも目的だと思います)。

Shimamaki_20070120_2
あまりの風波で打ち上げられたホヤ。北海道の人はあまり食べませんが、東北ではポピュラーな食べ物ですよね。

Shimamaki_20070120_3
泊川河口右岸のテトラ周り。これじゃ遭難してしまう・・・

結局全くだめでした。あ”~!!もうやってられん!!と逆上してしまい、そのまま夕刻に余市でソイを釣りに行くことにしました。

Shimamaki_20070120_4
さすが余市、勝手知ったる裏庭よ。軽くぽんぽんソイが出ます。Gulp!だと釣れるのは当たり前なので、冬場に強い、ウオーターメロン系のホッグに切り替えますが、それでもコンスタントにソイが出ます。そのうち、ライトリグのテキサスでボトムステイ・ブルブル戦法をしていると、次元の違う強烈なあたりが!


上げてみると、ハッチー!!これはうれしい。グラマラスなナイスサイズです。
Shimamaki_20070120_5


うれしいのでもう一枚。ぶりぶりに抱卵していたので、そのままリリース。すっかり癒されて帰路につきました。
Shimamaki_20070120_6

2007.01.14

2007年初陣-白老にビッグアブねらい

2007年ロックフィッシュ初陣。多分3週間ぶりくらいだろうか?このフィネスな冬にもかかわらず、最近好調と聞く白老漁港にやってきた(高速料金が高い・・・)。

アブの活性が上がるお昼を目処に出発。白老インターで高速道路を降りて、海にぶつかる交差点で右折。久しぶりに見た太平洋は妙に美しく、それだけで気分が晴れる。

しかし、釣果はさんざん。結果的にショートバイトが1回あったきりでものの見事に惨敗であった・・・

070114_123256 

空が高かった・・・

2007.01.04

2007初陣 島牧で海アメ

今年の初陣で島牧に海アメに行って来ました。しかし、惨敗でございます・・・・。

最初は18番に入りました。DUOタイドミノースリム175をチョイス。しかし、人がすごく身動きが出来ない。しかも誰も釣っている様子が無く、海藻も絡み出したので、7時頃1時間で見切りをつけて千走漁港へ。

1月だし、そろそろ寄りだしているのでは・・・とまずは防波堤の先端で(なぜか人がいなかった)岡ジグAT30(ピンク)をチョイス。沖目にキャスト、リトリーブしている時にショートバイトが1回。後はまるで生命反応無し。後で知ったのだが、サーフの方で40センチくらいのが何本か出たそうです。やっているの見えたもんなぁ。

今回やっててわかったのですが、岡ジグはスイミングには向きませんね。初めて知りました。むしろSSPとかの方がはやり泳ぎは良い感じです。岡ジグはジャーク&フォールにとても特化したジグなのだと感じました。そういう意味では、足場の高い港より、やはりサーフに向いているのでしょう。まあ、要は特性を知った上で使い分ければ、港で岡ジグでも問題無いとは思います。

泊川河口右岸も攻めましたが、隣で40センチくらいのが2本くらい出てました。私は生命反応無し。せっかく購入したばかりの虎の子のSSPジグ40g緑赤玉サザエをロングキャストでボトムにつけた瞬間根掛かり。沖にも結構根があったのね・・・(T-T)

帰りに寄った小さな港で、フライマンと浮き餌の人が、30センチくらいの海アメが入れ食いに遭遇。おお!とばかりに私も攻めますが、激シブ。KJ-11(ピンクにグリーンにオオナゴ)、DUOタイドミノースリム175(2色)、SSPジグ20g(緑赤玉サザエ、玉虫アワビ)、ショアラインシャイナーSL12(アルミッシュオオナゴ)、P-BOY JIG 25g(ピンク これは途中でロスト・・・・痛い)、ありとあらゆる引き出しを使うが反応無く、14時に上がりとなりました・・・・。ルアーに反応しないとは、そろそろシュリンプとか食べ出してるのだろうか?

Shimamaki_20070104
波は結構あり、活性が高くてもおかしくないはずなのだが・・・

この日は全般的にどこも激シブだったようで、まあ、そんな日もありますね。帰りは疲れて温泉にも寄らず帰ってきました。次回こそは!最近すっかり片道160kmが近いと感じてしまう私です。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31