« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.29

瀬棚沖防波堤で超ビッグソイ、のはずが・・・

※同じく超周回遅れレポートです、、、

2007年4月29日、Zさんをはじめ皆さんと瀬棚沖防波堤に出陣です。ここは春先に有り得ないくらいでかいサイズのクロソイ、マゾイが釣れるポイントとしてこの2,3年、にわかに注目を集めています。

しかし、結果から言うと偉いしょぼい釣果で終わりました。。。まだ時期が微妙に早かったのと、本来入りたかった沖防波堤が別の組に先を越されてしまい、無念の別防波堤となってしまったためです。地の利もなく、なかなか厳しい結果になってしまいましたが、また機会を見て来年行きたいと思います。しかし、瀬棚遠すぎるわ・・・

しかし、私はほとんど仕事の関係で時間の調整がつきにくく、単独釣行が圧倒的に多いのですが、やはりみんなと行くのはわいわいがやがや楽しくて良いですね。長距離の車だし&運転をしてくれたZさん、ありがとうございました。ガソリン代やら何やらを割り勘したら、一人2,000円くらいなってしまったのは笑ってしまいました。車で30分の石狩沖防波堤より安いじゃありませんか。規模の経済は素晴らしい。船を出してくれた友人にも感謝です。

P5040263
本当はここに行きたかったのですが、見ての通り釣れる先端が満員なのと、当日は天気がいまいちでかぶりそうだったので、見送りました。

P4290261
とりあえずまずは1本・・・

P5040264
水温が低いとついGulp!に頼ってしまいます・・・かろうじてマゾイゲット。

P5040265
想定外のホッケ君。

P5040266
割といかついクロソイ。こちらのソイは結構良い体しています。

P5040267
我々が入った沖防波堤の先端部。港から船で3分くらいで着(笑)

P5040271
おお、でっかいフェリーも入るのですね、瀬棚港。

P5040272
とにかく高い。持っているタモでぎりぎりの高さでした。これは結構大変だなぁ。

P5040277
沖防波堤の外海側。別の沖防波堤が見えます。

P5040282_2
みんなでまったりと帰りの船を待ちます。

P5040283
送迎してくれた友人の船。

P5040285
帰りに寄った「ちはせ川温泉旅館」。源泉掛け流し。帰りの温泉は最高ですね。しかし・・・

P5040286
私はあまり苦にならなかったのですが(ワイルドな環境には慣れている・・・)、カメムシが結構入り込んでいて、皆さんには不評でした。。

P5040292
掛け流し温泉はええなぁ・・・ま、ちょっとカメムシうるさかったですが・・・

P5040290
まだ春のせいか、外の露天は使われていませんでした。

 

誰も書かない本当の真実-海アメはうまいのか?

という事で、2007年2月11日に釣った海アメを1匹キープしまして、食べてみました(食べたのは翌日です。レポート遅くてすいません・・・)

結論から言うと、海アメは、ものすごい旨い!訳ではないが、結構イケるぞ!」です。リリース派の人から見たら、袋だたきにされそうな内容ですが・・・すいません、ちなみに普段はほとんどリリースしてます。。。

まず、こちらがその釣ったアメマスです。
Shimamaki_20070211_2_1

で、3枚に裁いた直後の海アメです。身はものすごく赤く、見るからにおいしそうです。

P2110023
で、裁いて気づいたのですが、意外な事に、かなりアニサキスがいました。このため、刺身関連はかなりデンジャラスだという事がわかります(汗)。

で、こちらがムニエルに仕上げた状態。見た目、かなり旨そうに見えると思いますが、実際結構行けます。
P2120026 

実は私は10年くらい前まで道北に住んでいたのですが、5月頃の春先の増水時に、よく近くの川にアメマスをルアーで釣りに行っていました。そこで釣ったアメマスは、やはり裁くと今回の海アメのように真っ赤っ赤で、ものすごい脂が乗っており、実際焼くと魚焼き機の中が花火大会の様に脂がジュッジュッと飛び散り、まさに絶品としか言いようの無い味でした。河川での食生活でこのような脂が乗るとは考えにくいので、また釣れる場所や時期からも、間違いなく海から遡上したアメマスです。

しかし、今回島牧で釣った海アメは、そこまで脂が乗っていません。この差は何だろう?と考えたのですが、降海したてのものか、遡上したものかの違いなのでしょう。海にいるなら、遡上したのと同じくらい絶品なのかなと思っていたのですが、意外とそうでもないんだな、というのはちょっと発見でした。とは言え、まずい、という代物では全くありません。むしろおいしい部類だと思います。さすがに、海でさんざんたらふく食べて、脂が乗った、遡上したて比べると味は落ちますが(釣ったの2月ですし)、それでも全然イケます。

実は海アメをキープして食べたのは、今回が初めてだったのですが、まあ、意外とおいしいと言う事がわかって、頭の中の霧がすっと晴れたました。あ~すっきりした。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2007.04.25

海アメ、サクラマス ルアーコレクション

海アメ、海サクラ(サクラマス)用のルアーの一部。悲しいかな、無くしたものも沢山ありますが、ルアー自体は増えています・・・(最近お小遣い規制で自粛中)

Pc290103
ジグ、ジグミノー系が中心に、実績のあるものをラインナップ。他にミノーがこれまた結構ありますが写真はなし。

Pc290083
いかにも釣れそうな(実際実績多数の)SSPジグ。泳ぎが良いですよね。ポテンシャルで売り出したので、とても買いやすくなりました。

Pc290088
早く1本海サクラ(サクラマス)釣りたい・・・

Pc290097
精悍なフォルム

Pc290095
フロントはシャープ。リングが縦なのが肝

Pc290094
バックはフラット。この構造が良い泳ぎの秘訣ですね。 

海サクラ、またしても・・・

2007年3月24日。懲りずにコビチャナイ、寿都にサクラ狙いに行きました。ベタベタでしたが、案の定玉砕。。。普段入るポイントの岩場に、白いの良くついてるなぁと思ったら、なんと牡蠣!びっくり。帰りは精進川河口を見ましたが、こちらもだめだめで、帰宅でございます。。。今回は海アメも生命反応0。まあ、こういう時もあります。

P3240007
ん、なんだこれ・・・

P3240008
うお!なんと牡蠣!!こんなところに沢山!?

P3240009 
ベタベタのコビチャナイ。人影もまばら。

P3240011
精進川河口。こちらもさっぱりでございました

定番通り、小樽南防波堤でクロガシラ

2007年3月21日。昨年は行きませんでしたが、今年は行ってきました。ブラーにイソメ。私は結局1枚きりで、大量だったZさんから数枚お裾分けしてもらいました。いや~、あぶない、ぼうずになるところだった。しかし、今年は型、数とも良いですね。後から聞いたら、3月末くらいまでかなり釣れたようです。いつもはせいぜい2週間なのに、珍しい。温暖化のせいじゃないだろな(汗)

P3210002
すごい人、人、人・・・急に天気が悪くなりました。

P3210005
かろうじて1枚ゲット

P3210006
あぶない、もう少しでボでした・・・

2007.04.21

鳥だ!魚だ!オキアミだ!-石狩沖防波堤第二戦

2007年4月21日、友人と3人で石狩沖防波堤に行きました。今年二回目の渡しです。しかし、前回と大きく違うのは、どうも相当大きなオキアミの群れが岸寄りしており、魚がオキアミばかり食べて、かなり渋くなってしまっている、という事です。事前に話は聞いていましたが、もしかすると結構渋い釣りになるかもしれません。

※すいません、このブログは、レポートを書くのがかなり遅くなることがままあるため、いつのレポートかは必ず日付を記載しています。。。この場合、アップして、数日後にカレンダー調整を行い、過去ログとして収納されていますので、暇な人はチェックしてみてください。

渡船は毎度お世話になっているリトルベイの和田船長。この手の人は結構「サービス」という概念の無い人が多いのですが、和田さんは別格です。

P4210157
良い男だねぇ

という事で、いつもの船で沖防波堤までぶっ飛ばします。

P4210161 

途中、沖防波堤を見ると、お、おお、ものすごいゴメがあ!(注:北海道弁でカモメの事)これはやはり相当オキアミが岸よりしているようですね。

P4210164 

案の定、渡ると、もういたるところ、ゴメの糞まみれで(笑)、しかもエビくさい(汗)。

P4210166 

糞の中は未消化のエビまみれです(笑)。まあ、海が一荒れすれば、綺麗に無くなるのですが、バッグの置き場所に困ります(汗)

P4210165 

しかし水面を見ると、オキアミはほとんどおらず、どうも引きつつある状況のようでした。この日は少し風が海背で強く、若干ウサギがはねています。

P4210167 

まず前回と同じく、根の荒い大物がついている場所を中心に攻めていきますが、オキアミの余波か、単に腕のせいか、なかなか反応がありません。薄暗くなるまでに、アブラコ(アイナメ)を2本ヒット。リリースサイズですが、この辺は潮の流れが速いので、小さくてもワンサイズ大きめの引きが楽しめます。

P4210168
ワームはまずはGulp! SaltWater  Squid 3インチ カラーはNew Penny。オキアミのサイズやカラーを意識してのチョイスです。

P4210169 

しかし、前回より明らかに反応が薄い。まあ、前回良すぎたというのもあるのですが・・・

そうこうしているうちに、一人だけアタリがあまり出ない、という悪夢が発生してしまいます。友人達はそこそこ当たるのですが、自分だけ反応がない。ワームをパワーシャッドのパールホワイトやグラスミノーのチカチカ室蘭に変更しますが、どうも良くない。策士、策におぼれるじゃないですが、焦る→ワームをすぐ別のに交換→結果が出る前にまた交換→何がよいのかわからなくなる→またワーム交換、という負のループ状態です。

いかん、落ち着け、と自分に言い聞かせつつ、ワームを信頼度の高いGulp!SaltWaterパルスワーム ブラック4インチにチェンジ。すると、沖目で小さなアタリをフッキングしたところドン!とでかいアタリ!うお!ついに来たか!やばい、このままではラインブレイクする!と、ドラグを緩めようとしたところ、あせって緩めすぎてしまう!オーマイガッツ!!・・・根に潜られて終わりました。。。

テキサスを結び直していると、同じ場所で友人がヒット!でかい!なんとジャスト50センチのクロソイです!

P4210170

で、でかい・・・・

P4210172

その後もなぜか私一人だけがぱっとせず(涙)、もう終了間近になってから、このままではまじやばい、いろいろとワームチェンジしている場合じゃない、と先ほど大物を逃がしたGulp!SaltWater パルスワーム ブラックに絞って使いだしてから、やっとエンジンがかかり出しました。

P4210173

さっきの魚から見たら、金魚みたいな状態ですが、釣れて良かった。。。

P4210174 

よしよし

P4210175

ま、よかろ。

という事で、後は写真割愛しました。何とか後半でちょっと巻き返しが出来て良かったです。でも、全部で10匹くらいしか釣ってないかもなぁ。でっかいの惜しかった・・。しかし、まあ、満足の釣行でした。

2007.04.14

海サクラのはずがホッケ-島牧、岩内方面傷心ツアー

2007年4月14日、相変わらず釣れない海サクラ(サクラマス)ですが、懲りずにまた行きました。実はここ2,3週間ほど海サクラ(サクラマス)は行ってません。。。

ただし、今回は少ししか釣りが出来ないので、まず精進川でしたが、×。

P4140124
ベタベタで、海サクラ(サクラマス)的には悪くないのですが・・・

で、別の穴場的な場所へ移動(魚影は薄い)。すると一投目で割と良いアタリが!?すると、ホッケでした・・・

P4140125
一発目からホッケで場所が荒れた日には・・・(涙)。その後、ルアーをローテーションすると、微妙にアタリ感覚がたまにあるものの乗らない。

そこで、スレてる時の必殺アイテム、スピナーを河口の本流筋に投入、すると割と良い感じのアタリ!40いかない位のサクラかぁ!!(我ながらせこい発想だ・・・)・・・良型ホッケでした・・・

P4140126
今年は気のせいか、ホッケのサイズが良い気がします。オキアミ効果じゃないかなぁ。

結局これで終了でございます。そろそろ日本海もシーズン終了が近い・・・・(涙)。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31