« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.27

サンラインのロックフィッシュ用フロロ FCロックバイト>インプレッションレポート

先日、シマノのセンシライトMg2500に、サンラインのロックフィッシュ用フロロカーボンライン FCロックバイト 90m 6lbを巻いてみました。釣りに行こうとしたら、スピニングに巻いているラインがほとんど摩耗しきっていた事に気付いてあわてて釣具店に行って、小遣いとにらめっこしつつ購入です。

売り文句と言いますか、特徴しては、50cm毎に12cmの帯があり、しかも、その帯がピンク→イエローの繰り返しでカラーリングされています。ライン本体は普通のナチュラルクリア。つまり、キャスティング時に帯をカウントすればキャスティング距離が分かるわけですね。

080927_022438

キャスティング時にどの程度ラインが出ているのか、というのはロックフィッシングにおいては結構感覚的なところがあり、これはいいなと思い買いました。しかし、案の定と言うか、やはり50cmというのは単位としては小さすぎて、カウントがかえって面倒臭い様に思います(なので、ほとんどしていない)。1m単位でも良かったんじゃないかなぁ。3mでも良いような気がします。それくらい感覚が広ければ、その15cmの帯をカウントするのも楽だと思います。

また、10g以下のジグヘッドのキャスト時に、結構ラインがダマになってしまい、ガイドで詰まる事がしばしばありました。ちょっとこれは痛いですね・・・。フロロカーボンラインは一般的に堅い傾向にあるのですが、この製品には「ソフトフロロで超軽量リグも快適にキャスト出来ます」と書いてあります。投げ方が悪いのかも知れませんが・・・

フロロカーボンラインとしての感度は基本性能を満たしているように思います。トータルな評価としては、まあまあ、というところじゃないかと思います。すりきれるまで使ってみたいと思っています。

2008.09.23

ふらっとあちこち、ヒラメチェック

という事で、21日朝方、前日に引き続き、ぶらっとヒラメチェックです。しかし何しろ無計画ですし、時刻は1時を回っていますから、朝まず目まで時間がありません。必然的に札幌近郊の港に的は絞らざるを得ません。

そこでまずは余市河口漁港に入ります。ここは年に1,2度、秋口にヒラメが釣れる事があり、いわゆる群別川と一緒で宝くじ系の釣り場です。1時間くらいチェックをしますが、案の定、反応はありません。が、ピンコですが、ソイが数匹釣れて、とりあえず今日のボは無くなったとほっとします。

さて、どうしようか・・・と思案して、今度は塩谷漁港に行くことにしました。ヒラメ狙い、というよりは、とりあえずもう少しまともなサイズのソイが釣りたい。塩谷海岸はは昨年某釣り新聞で、サーフでナイスサイズのヒラメが2枚釣れた記事が掲載され、その後カワグチのサイトで80センチが上がってから、一躍メジャーなヒラメ釣り場として知られるようになりました。

P9200094
遠方から撮影した塩谷漁港全景

ですが、何分夜中と言うこともあり、ウエーダーをはくのも面倒くさいため、サーフではなく、港のチェックです。すると、なんと現地でひらきんさんと偶然合流です(笑)。ひらきんさんは河口周りをチェックしたが、だめだった、との事でした。案の定、全然釣り人がいないと。やはり今年は厳しいからですかね・・・。港に入り、キャストしてまずそこそこのサイズのソイをゲット。先ほどのマイクロソイから見ると、巨大に見えます(笑)。

P9210164
う~ん、満足です。

すると、おお?なんとクチからカニを吐き出しました。

P9210166
かに・・・

P9200156
明るくなってきたが、サーフには誰もいない・・・後から1,2名来た見たいですが・・・

P9200132
港も誰もおらず・・・

結局この後すぐリグをロストしてしまい、ひらきんさんと「この際登川河口でも行ってみようか」という事になり、そのまますぐ移動です。

P9210175

この川は見ての通り、サケは登りません(笑)。ですが、余市川に行くサケのルートになっているらしく、極めて少ないですが、たまにサケが釣れるそうです。なぜ伝聞調かというと、私は釣っているところを見たことがありませんので・・・(当然滅多に行かない)。まあ、宝くじですね(笑)。河口を見ると、かなりのベイトフィッシュがいます。ヒラメの確率が高そうです。そこでタックルをワームからヒラメに定評のあるプロディジーSWにスイッチです。もっとも私はハードルアーでのヒラメ実績は皆無なのですが・・・(数は結構持ってますが・・・)。

P9210182
たのむぞプロディジー

テトラの上に乗ったり、河口を絨毯爆撃で攻めます。人の入りはまあまあ、という感じでしょうか。少ないです。釣り人が少ないのは、少ないなりの理由があります・・・。

P9210169
テトラの上から余市方面をのぞく。このテトラの端っこまで順番に沖目にキャストを繰り返すが・・・

P9210178
河口左岸がら同じく余市方面をのぞむ。

P9210171
河口から登川上流を望む。ま、こんな川っす・・・。

結局生命反応は皆無でしたが、ベイトが河口にたまっているので、ヒラメのチャンスはあると思います(サケ釣りにはかなりお勧め出来ません・・)。ひらきんさんとここで別れ、私は15分だけ仮眠、のつもりが10時過ぎまで3時間以上爆睡してしまいました。

という事で、案の定の結果ではございますが、ソイ釣りたかったので、まずはよしとしましょう・・・(と、自分に言い聞かせる・・・)。

岩内港でヒラメ玉砕-サバも釣れていない・・・

2008年9月19日(金)の夜中から20日の朝にかけて、岩内港にヒラメ釣りに出かけました。0時頃から重点的にポイントを攻めましたが(勿論ワーム)、全く当たりはなく・・・。今年は本当にヒラメ薄いです・・・。SHINCOさんはすごいですね。

しかし、今年は何よりもヒラメ狙いのロックフィッシャーが少ないのが驚きです。ほとんど見かけることがありません。やはり、春先にあれだけ不調でしたから、秋もだめだこりゃ、とサケ釣りに走っているのかも知れません。ま、無理ありませんわ・・・。それでなくてもレアなターゲットなのに、全然誰も釣ってないとなれば・・・・。

朝方帰りに旧フェリー埠頭によりましたが、サバもチカも全く釣れてる様子はありません。フィーバーは終わったかな?

P9200090
人も少なく閑散とした旧フェリー埠頭

P9200091
春先の遭難事故で東外防波堤どうなったかな、、と見に行きましたが、出入り口のロックまではされてないようでほっとしました。

さて、ヒラメちゃん、どないしたもんでっしゃろな・・・。

2008.09.20

北海道の漁港>道央>塩谷漁港

塩谷漁港並びにそのサーフ、特に河口周辺はヒラメの一級ポイントです。2007年に某釣りの新聞にヒラメ記事が掲載されてから、穴場だったのが一気に知られるようになりました。しかし2007年はかなりでかいサイズが出ましたが、2008年はほとんど釣れず、港の中で1枚上がったという情報と、河口周辺で一枚上がった、という話以外は知りません。シーズン終盤はほとんど訪れる人もいなかったようですが、これは積丹の港全般的にかなり不作の年だったため、ヒラメハンター達の多くががサケ釣りに切り替えてしまったことが影響しているかも知れません(しかしサケもダメな年でした)。

種別:第一種
所在地:小樽市塩谷一丁目
撮影日:2008年9月20日

大きな地図で見る

Sioya000_4

Sioya001_2

Sioya002_2

Sioya01_2
遠くの高台から塩谷漁港をのぞむ。

Sioya021_2
港の入り口付近から、余市方面のサーフを望む。

Sioya022_2
ヒラメのポイントとして知られる河口付近

Sioya023
河口付近から港を望む。

Sioya025
港の入り口付近。ゲートが開いている事は滅多にない。空いていても車で入るのは辞めましょう。

Sioya024

Sioya02
港をのぞむ

Sioya03
まずは手前の南防波堤より。

Sioya04

Sioya05

Sioya06

Sioya07
少し高い段差があるが、難なく降りれます。

Sioya08
水面と防波堤の間は極めて低い。ので、波が高いとかぶりやすい。

Sioya09
南防波堤先端から付け根をのぞく。

Sioya10
南防波堤先端のテトラからサーフを望む。さあ、付け根に戻りながら湊川を撮影していきます。

Sioya11

Sioya11_2

Sioya12
港の地図にはありませんが、湾内に向けて小さな突堤があります。間にテトラがあるので渡るのは難易度が高いが、その割りは特に魚影が濃い訳でもない・・・。

Sioya13
港防波堤と湾内で平行して走る小さな突堤

Sioya132

Sioya13_2

Sioya14

Sioya15

Sioya16

Sioya17

Sioya18

Sioya19
船着き場はすぐにブレイクラインになっている。全体的にかなり浅い。

Sioya20
最湾奥から港出入り口付近をのぞむ。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2008.09.14

ブリ、ジギングリベンジ編

2008年9月13日~14日、ナイト2便で出撃しました。結論から言うと、

嗚呼っ(T0T)玉砕ですっΣ( ̄ロ ̄|||)

船中1本・・・・ナイト1便は3本ゲットばらし1だった事を考えると、2便の方が悪かった・・・・。あまりそういう事ないのですが・・・。 2回出撃して船中1本って何・・・しかも私はかすりすらしていません。。。(正確に言うとイカ1パイ)。10時間やってイカ1杯はきつい・・・。大体にして船に乗り込んだ瞬間、船頭から「満月はだめだぁ、ブリいねど」と言われた瞬間、嫌な予感はしていましたが・・・(^-^;)

これ以上、どうやって小遣いをひねり出せと言うのか・・・(しかも今回出撃した件はかみさんには内緒にしたまま・・・いつかばれる日が来ると思うと怖いです・・・)。

出撃してから気付いたのですが、この日は満月、大潮でした。魚探を見ると、普段係留していると海面に浮いてくるはずのベイトフィッシュが全く浮き上がらず、水深20m付近でうろちょろしています。そう、まさに、満月、大潮は釣れない法則そのものです。明るいので、かえって魚が警戒して食いが渋ってしまうのですね。良く「大潮は大釣り出来る」と言いますが、ロックフィッシュでも大潮、満月はほとんどと言っていいほど良い思いをしたことがありません。やっぱりそうだったのか・・・。そういう意味では良い収穫になりました。

逆に言うと、だから週末の二便なのに席空いていたのね・・・4時頃(起き上がり1時間前)には月は沈み、そのワンチャンスにかけましたが、ましたが、そこでかろうじて1本獲った人が出ました(つまりもう少しで2連続船中0になるところだった)。魚探を見ると、月の沈みと同時にベイトフィッシュが浮き上がってきました。。。

P9130098
余別沖に煌々とブリ釣りの船が見える。岸からホント近いです。


P9140099
隣の船は釣れているのか・・・釣れてなかったようです・・・

P9140104
友人は途中でエクトプラズムを吐き2時間ほど仮眠するが、むなしく・・・

しかし、やばい、やばいです・・・このまままさかブリ終了・・・?まさにヨソウガイです・・・。台風近づいていますね・・・来週末、ブリがリセットされるチャンスでは・・・・・。どうする?どうするオダギリジョー!!ライフカード(古い?)。続く・・・かも知れません・・・。

ま、そういう事もありますわ。。。

今回の教訓:
大潮、満月はリスクが高い。予約は潮回りを良く確認しませう

今日の古平川河口のサケ釣り状況

2008年9月13日~14日、ブリ釣りの帰り、午前6時頃、古平川河口のサケ釣りのぞいてみました。案の定というか、相当まだ岸寄りは先の気配ですね・・・。釣り人はざっと見て20名くらいでしたが、着いたとき上がってくる人もいましたので、実際は30-40名くらいマックスいたと思います。沖には船が二艘。
P9140105
ほとんど釣れている気配はありません。
P9140107
反応は0・・・何となく全体的にまったりした空気が流れています。
P9140106
ジモティ(地元)のサーファーが建てたと思われる看板。入水禁止・・・。

という事で、古平川河口のサケ釣りまだまだですね。釣れてもほとんど宝くじみたいな確率だと思いますので、もう少し他の釣りをしているか、別の場所に行くのが吉ではないかと思います。私はピークになったら行こうと思っています。

2008.09.13

ブリのジギング、今夜リベンジです

という事で、ブリのジギングですが、今夜2便(23時~5時くらいまで)で急遽また余別漁港から出撃する事にしました・・・(^-^;)まだかみさんには内緒です。。。(汗)。釣れたら(釣れなくてもかな)【速報】アップします・・・(^^;

ブリのジギング、ソウテイガイです

ということで、更新が遅れてすいません、2008年9月6日、ブリのジギングですが、【速報】の通り行ってきました。今回は、SHINCOさん風にお伝え致します。

夕方4時頃、札幌を出発、積丹はものすごいべた凪です。船が揺れないので釣りやすですが、ブリの活性が不安です。前日、新しい群れが積丹沖に入ったとの事で、船中80本!などという気が遠くなるような釣果が出た事もあり、期待はふくらみますが、得てしてこういう極端な大釣りの後は、激的に釣果が下がります(^-^;)

P9060089
途中で通りかかった港。ベタベタです。

すると出発地である余別漁港の手前まで来たところ、え?(;゜□゜)、な、なんじゃこりゃあ、これ船出るの?という位の

突然の土砂降りです Σ( ̄ロ ̄|||)な、なんじゃこりゃああ

P9060094

ワイパーを全開にしても、全く追いつきません。をいをい・・・(^-^;)

P9060096

結果的には一瞬でやんだのですが、びっくりしてしまいました(^-^;)。何とか余別漁港に到着すると、はやはり鏡のような状態です。雨も降っていません。友人と合流し、さあ、18時出発です!(^-^)

P9060104

何しろ二年ぶりのブリのジギングです。かなりテンションも上がっています(^-^)

P9060117
船上で準備に余念のない友人。

P9060123

さあ、ポイントに近づいてきました。どれ、魚探は・・・とのぞくと、、、、あ、嗚呼(T-T)魚が全くいない(T-T) 

P9060125
全く何も写っていない魚探。

ま、まさかだよな・・・と思いつつ(^-^;)、とりあえず開始です。まずは定番シーブリーズオリジナルのヤバイジグです。船中全員同じジグでした。ウエイトサイズは確か400gです。一個5,000円しますので、万が一根掛かりすると(ほとんど無いのですが)、その瞬間昇天しかねないお値段です(^-^;)。が、釣れないジグ1,000円の5個買っても仕方がない、と、一昨年購入してから大事に使っている1本です(^-^;)

P9060147

友人と黙々とジグをジャーク(というよりリフト&フォール)を繰り返しますが、全く当たりが出ません・・・次第に船の中が重苦しい空気に包まれていきます・・・(^-^;)。定番メソッドでボトムを中心にジャークを繰り返しますが、生命反応がない・・・(^-^;)

P9060133

船中誰も釣れません。やばい・・・(T-T)あまりに釣れないので、また魚探をのぞきに行きますが、全く陰がありません・・・(T-T)。船頭さんに「どうすかね?」と聞くと「全然いねな、、、」場所を移動して再び開始。ですが、やはり反応がありません・・・(^-^;)


既にかなり激ブルー(T-T) です。


船頭さんに再度「どすかね?」と聞くと、「たまにちらっとは陰見えるけど、食わねな。食い悪いんじゃないか」との事(T-T)。ああ、ま、まさか、二年ぶりなのにボ?の恐怖が頭をよぎります(T-T)。と、その時すぐそばにいた人がヒットぉ!サイズはあまり大きくないようですが、船中初ヒットです!おお、きたか~!が、無念のフックアウト!惜しいっ。。。(T-T)そしてまた長い沈黙が船を覆います。。。(^-^;)

すると今度は私の真後ろにいた人にヒット!おおっ来たか!ロッドの曲がり方といい、これは5,6kgはあるかも?っと、これも無念のフックアウトです(T-T)しかも私とラインが絡んでしまいました。すいませんです。。。<(_ _)>

P9060141
黙々とロッドを振る友人。

食いが渋いのか、そもそも魚が薄いのか・・・恐らく両方でしょう(^-^;)。そこで、食いが渋いときは黒が確か良かったな、とジグチェンジです。

P9060146

FISHERMANのCRAZY LONG JIG 420gにチェンジして、フォールした瞬間、ん?何か違和感が?お!?当たった!!が、重量感が全く無い。なんだ??ジグを回収すると・・・

P9060142

な、な、なんと、イカのスレ掛かりでした・・・(^-^;)しかもボトムでイカがかかったって事は、ブリはいないという事です・・・・
(T-T)

その後も当たりはなく、時間だけが過ぎていきます(^-^;)。や、やばいぜ(^-^;)。魚探を見るとやる気が失せるので、もう見るのを辞めました(^-^;)

P9060137

灯りにベイトフィッシュやイカやサバが集まって来ているのが分かりますが、ブリの姿はありません・・・(^-^;)。時々海面をシイラやイカが泳いでいるのが見えます。別のタックルもってくりゃ良かったか・・・(^-^;)

そして恐怖の起きあがりタイムです・・・


嗚呼(T-T)

(;゜□゜)ガーン!!

船中0本!(T-T)(初体験です・・)

全員ボで終了です(T-T)

2年ぶりのジギング、な、なけなしのお小遣いが・・・(T-T)。

こ、これはこのままでは終われない・・・リベンジせねば・・・(T-T)。帰宅後、かみさんに「これが一杯10,000円近い幻のイカね!」と言われました・・・(T-T)。

追記:
翌日日曜の夜は、船中50本の大釣りでした・・・か、神よ・・・(^-^;)仕打ちにしてはひどすぎます・・・(T-T)

今回の教訓:
爆釣の翌日は気をつけろ!むしろほどほど釣れてる方がチャンスあり?

2008.09.06

【速報】ブリジキング余別沖

ブリジキング余別沖
積丹余別沖。ヤバイです、今だ船中0本。挽回なるか!

【速報】ブリのジキング余別沖

ブリのジキング余別沖
間もなく開始。積丹余別沖。

ヒラメが石狩、積丹で釣れだしている

友人からポツポツ入ってきた情報によると、徐々に積丹、石狩でヒラメが釣りだしているそうです。1日二枚の人もいるとか・・・徐々に秋ヒラメ、岸寄りし出しているのかも知れませんね。

Pa130013
2006年10月13日に岩内港で釣った天然ヒラメちゃん

今日は16時からいよいよ余別漁港よりブリジギングです。かみさんの説得工作を全力で行った甲斐あり、どうにか出撃許可が下りました(焦ったぜ・・・ダメかと思った)。2年ぶりだ・・・昨晩港で釣り竿を忘れて一人だけ乗船出来ない夢を見ました(汗)。こうご期待!

2008.09.05

ジギングでブリ釣り決行!

という事で、なんと2年ぶりにブリのジギングでの釣りを決行する事にしました!今週土曜の一便で出発です!!。シーブリーズさんにお願いして、余別漁港から弘安丸という釣り船に乗ります。

ブリの季節になると、釣り船の予約を早めに取らないと、前日とかではほとんど空きがありません。幸いなことにちょうど土曜2名空いてました。最近太平洋側のサケも一休みという事らしいので、ちょうどいいかも?

割と朝方にかかる2便(24時~5時くらいまで)が食いが立つことが多く、1便は若干不利な印象なのですが、最近の速報を見ると、1便もそれなりに出てるみたいで、調子が良いみたいです。

プロショップカワグチさんのサイトにも、あの船で30本あがったとか、良い感じのようです。シーブリーズさんの情報でも、7月に入ってから全体的には、かなり良い感じだそうです。ただ、一日で状況が変わるのがブリ釣りなので、全く予断を許しませんが・・・(大汗)

頼む、ボウズだけは許して・・・。念のためイカのエギも持ってきます・・・(汗)。もし万が一弘安丸に乗る方がこのブログ見ていましたら、初心者ですので宜しくお願いします・・・。

そして実は最大の問題が一つ。まだかみさんに話をしていません・・・・(滝汗)。小遣い頼む・・・・。

2008.09.02

ここのところオフショアのブリ釣り(ジギング)が好調

私はシーブリーズさんという釣具店のメルマガを購読しているのですが(特典もあります。詳しくはお店で聞いてね)、ここ数日、積丹沖でのジギングでのブリ(鰤)釣りがなかなか好調の様ですね。今年は群れが小さく、当たりはずれが大きいようです。沖にイカも沢山いるようです。

  • シーブリーズさんのメルマガ(私は携帯で受信)
    余別 弘安丸 昨夜31日(日)午後5:00~午後10:00帰港の釣果ですが、6名乗船で船中鰤19本!(ジグ3名で16本+イカの餌釣り3名で3本)。

よく考えると、2006年9月18日の人生初ブリブリから全くブリ(鰤)行っていません・・・。とりあえず未公開映像をこちらに・・・。

2006buri_04_5
フッキングしてポーズを決めようにも、完全にテンパってしまっている私。


S2006buri_07
yutakaさん初ブリヒット!これはでかそうだ!ロッドのしなりがすごいっ!

S2006buri_08_2
無事良型をゲット!人生初ブリ(鰤)・・・。

Sp9180572
同じくかなり良いサイズを上げたOさん

今年は絶対に行くと決めています。もしご関心ある方いたらどうぞ・・・。(もっとも出撃回数の少ない私ですので、あまり頼りにはなりませんが・・・むしろ連れてって欲しい・・・(汗 )。ブリ(鰤)釣りに行くと、もうサケ釣りする気が全く失せてしまうのですが、いかんせん、船代が1万円(とうとう原油高の影響で2,000円アップになりました・・・)というのが痛い。。。しかし、絶対1回はいくぞ!これからはぼちぼち戻りブリの季節です。サイズは8kg台の良型が増えてきますし、そんなの釣った日には・・・。しかも最高に旨い天然ブリ・・・。先日はマグロもかかったようです(水面まで寄せてブレイクしたそうです。残念!)。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31