« 初心者のための知床カラフトマス釣り講座 イントロ編 | トップページ | 初心者のための知床カラフトマス釣り講座(2)確実に釣るタックルと順番 »

2014.08.02

初心者のための知床カラフトマス釣り講座(1)釣った魚はスカリ、もしくはストリンガーに入れるのがグー。

カラフトマスを釣る季節は夏から秋にかけてですが、北海道と言えども日差しの強さは侮れません。気温もそうですが、日差しが意外と強いです。


20131013_16_28_35
スカリはサイズさえ大きければ何でもOKです。

釣って陸にそのままにしておくと、日が昇るにつれて、魚が暖まってしまい、かなりの確率で傷みます。せっかく釣った魚の鮮度が台無しになってしまいます。

また、その辺に転がしておくと、気がついたらカラスに目をつつかれて・・・という事もあります。

更に、カラフトマスの釣り場はゴロゴロした岩場が多く、そこまでマスが入るような大型クーラーを持って行くのもかなりの重労働で現実的ではありません(何回かやって釣る前に疲れてしまいました・・・)。

釣ったカラフトマスの処理にモタモタしていると、釣った場所を他の人に入られてしまうというリスクもあります(釣れる場所ほど人が混みます)。

釣ったカラフトマスをキープする方法は、スカリ又はストリンガーがベストです。


20140817_232054_2
これはサイズ的にぴったりです。ベストにも収まります。

これなら釣り場への持ち運びも楽ですし、釣れたらスカリに入れて海水に浸しておけば大丈夫です。知床の海は夏でも結構海水で冷えますし、ゴロタ岩にあげておくより遙かに冷却効果があります。

20140817_232116_2
カラフトマスやサケのような大型魚にもばっちり。

そして帰りに車内に置いてある氷の入ったクーラーに入れる、のが一番良い方法です。ちなみにクーラーにも氷はしっかり入れて下さい。札幌まで戻る場合は、かなりの時間車で走りますので、氷がちゃんと入ってないと、これも魚が傷む原因になります。

せっかく釣った獲物ですから、美味しく頂きましょう。



良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

« 初心者のための知床カラフトマス釣り講座 イントロ編 | トップページ | 初心者のための知床カラフトマス釣り講座(2)確実に釣るタックルと順番 »

初心者のための知床カラフトマス釣り講座」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19368/60167809

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者のための知床カラフトマス釣り講座(1)釣った魚はスカリ、もしくはストリンガーに入れるのがグー。:

« 初心者のための知床カラフトマス釣り講座 イントロ編 | トップページ | 初心者のための知床カラフトマス釣り講座(2)確実に釣るタックルと順番 »

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30