カテゴリー「北海道のサーフ>道央」の1件の記事

2008.09.20

北海道の漁港>道央>塩谷漁港

[PR]「札幌でホームページ制作会社、どこに頼んだらいいのか分からないよ」というあなたに。

 

塩谷漁港並びにそのサーフ、特に河口周辺はヒラメの一級ポイントです。2007年に某釣りの新聞にヒラメ記事が掲載されてから、穴場だったのが一気に知られるようになりました。しかし2007年はかなりでかいサイズが出ましたが、2008年はほとんど釣れず、港の中で1枚上がったという情報と、河口周辺で一枚上がった、という話以外は知りません。シーズン終盤はほとんど訪れる人もいなかったようですが、これは積丹の港全般的にかなり不作の年だったため、ヒラメハンター達の多くががサケ釣りに切り替えてしまったことが影響しているかも知れません(しかしサケもダメな年でした)。

 

種別:第一種
所在地:小樽市塩谷一丁目
撮影日:2008年9月20日

 

 

大きな地図で見る

 

 

 

 

Sioya000_4

 

 



 

 

 

Sioya001_2

 

 

 

Sioya002_2

 

 

 

Sioya01_2
遠くの高台から塩谷漁港をのぞむ。

 

Sioya021_2
港の入り口付近から、余市方面のサーフを望む。

 

 

 

Sioya022_2

 

 


ヒラメのポイントとして知られる河口付近

 

Sioya023
河口付近から港を望む。

 

 

 

Sioya025
港の入り口付近。ゲートが開いている事は滅多にない。空いていても車で入るのは辞めましょう。

 

 

 

Sioya024

 

 

 

Sioya02
港をのぞむ

 

 

 

Sioya03
まずは手前の南防波堤より。

 

 

 

Sioya04

 

 

 

Sioya05

 

 

 

 

 

 

Sioya06

 

 

 

Sioya07
少し高い段差があるが、難なく降りれます。

 

 

 

Sioya08
水面と防波堤の間は極めて低い。ので、波が高いとかぶりやすい。

 

 

 

Sioya09
南防波堤先端から付け根をのぞく。

 

 

 

Sioya10
南防波堤先端のテトラからサーフを望む。さあ、付け根に戻りながら湊川を撮影していきます。

 

 

 

Sioya11

 

 

 

Sioya11_2

 

 

 

Sioya12
港の地図にはありませんが、湾内に向けて小さな突堤があります。間にテトラがあるので渡るのは難易度が高いが、その割りは特に魚影が濃い訳でもない・・・。

 

 

 

Sioya13
港防波堤と湾内で平行して走る小さな突堤

 

 

 

Sioya132

 

 

 

Sioya13_2

 

 

 

Sioya14

 

 

 

Sioya15

 

 

 

Sioya16

 

 

 

Sioya17

 

 

 

Sioya18

 

Sioya19
船着き場はすぐにブレイクラインになっている。全体的にかなり浅い。

 

Sioya20

 

 

 

 

 

 

 

 


最湾奥から港出入り口付近をのぞむ。

 

 

 

 

 

 

 

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3953021141832874"
data-ad-slot="4169882120">

 

 

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30