カテゴリー「釣りに便利リンク」の6件の記事

2017.12.10

魚のサイズがすぐわかるアプリは本当に使えるのか?

先日東京出張の際、サボって、じゃなかった調査(って何?)で入った上州屋新橋店で、こんなキーホルダーが売っていました。

余談ですが、地方からの出張者には、新橋の上州屋は浜松町に近くて寄りやすくていいですね。ニュー新橋ビルというあやしげな中にあるのも素敵です。

で、キーホルダーというのがこれです。思わず買ってしまいました。

Img_0949

メーカーサイトはこちらです。

裏はこちら。

Img_0954

この手の魚と一緒に置いて、アプリでカメラを起動して撮影すると魚の全長がわかる、というのは最近よく見かけます。

そこで、実際どの程度使えるのか、試しにやってみました。

実は先日釣ったサケをさばく前に、これで計ってみました。

念のため実際のスケールも置いてあります。

Img_0960

結果は・・・・

Img_0966s

73.4センチ!

実際のメジャーで見ると、74センチに見えるので、ちょっと違うかな・・・。

Img_0961line

若干メジャーも斜めって置いたこともあり、撮影条件でちょっと変わるのかもしれませんね。

次回もう少し厳密に検証してみたいと思います。



良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.11.12

釣りと雷。雷の傾向とは。雷探くん(携帯型雷探知機)購入!(1)

最近秋のせいなのか?釣りに行くと結構大きな雷を聞く機会が増えました。

 

我々釣り人は極めてフラットな地形で自ら積極的に避雷針を立ててる自殺志願者のような状態ですから、やはり雷は気になります。音が近くで鳴ると戦場にいるかのように背を低くして退散した事もあります。

先日室蘭でこんな雷に遭遇したときはマジですぐそばでなっており、本当に死ぬかもしれないと思って退散しました(そもそも釣りするなよですが・・・)。

Img_0034

ゴロゴビカビカマジ死ぬかと思いました・・・。動画はこちら。結構近いです。。



しかし、雷って季節的傾向があるんでしょうかね?

と思ってちょっと調べてみたら、こちらの解説の通り、雷は実は夏が多いみたいですね。

 

 

ただし、日本海側の場合は、

 

「冬に日本海側で多く発生する雷は、大陸から吹き出してきた寒気が日本海で暖められて発生する積乱雲によるものです。日本海沿岸の冬の雷は、夏の雷に比べて放電の数が少ないものの、一回あたりの雷の電気量が多く、落雷すると被害が大きくなりやすい特徴がある」

 

んだそうです。

  

つまり北海道の日本海側では、雷の頻度は秋冬は春夏より少ないけど、インパクトがでかい(ので、印象的に冬に雷が多いように思えてしまう)のかもしれません。

 

そこでこんなん見つけたので、買ってみました。

   

「雷探くん」です。珍味で言うと「イカくん」「たこくん」並に何も考えてないようなネーミングが素敵です。

 

パッケージはこんな感じです。

 

携帯所持を想定していることもあり、思ったよりは薄かったです。これならベストに入れておいてもいいかも。

 

Img_1385heic

 

40km先のまで探知できるのはすごいですね(いるかどうかはさておいて・・)。

Img_1384heic

 

Img_1383heic_2

 

Img_1386heic

 

中身はこんな感じ。

 

Img_1387heic

 

Img_1390heic

 

「雷探くん」を携行する際は、携帯電話とは入れるポケットを分けた方がいいですね。ノイズで精度が下がるそうです。

 

Img_1395heic

 

「雷探くん」は400時間持つとのことで、冬場だともう少し稼働時間は下がるかもしれません。にしても、話半分だとしても200時間、連続で約8日間はもつことになりますから、帰りは無駄ですので電池を切れば、半年くらいはなんら問題なく使えそうです。

 

唯一の心配点としては防水ではないという点です。ですが構造的に水が入りやすいような感じではない点は安心ですが、基本「雷探くん」を持ち歩くときは、水のかかりにくいウエーダーのポケットなどに入れるといいと思います。

 

Img_1396heic

 

雷への対策や雷の仕組みなど丁寧に解説されています。これだけでも「雷探くん」を結構買って良かったかなとは思いました。

 

Img_1398heic

 

Img_1397heic

 

で、実は「雷探くん」を買ってすぐ威力を発揮する機会がありました。

 

続きます。


良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.10.01

究極?のスマートフォン車載フォルダー(カースタンド)を見つけた件

車に一応カーナビはあるのですが、微妙に地図が古かったり、使いにくかったりするので、結局普段、Googleマップを使っています。特に遠出の時はルーティングがやはりとても良いです。

 

となると、iPhoneをどこに固定するのか、という問題が起こります。

 

そこで、いろいろと熟慮に熟慮を重ねまして・・・これ買いました!

 

Img_0393

 

 

Img_0395

  

実は種明かしすると、会社の同僚で新しいモノ好き、ギークな人がいまして、その人が買って使っているのを見て、これは便利だなとマネて買いました(^_^;)

 

しかし、ホントコレはヤバいです。

 

これのよいところは、一言で簡単に言うと「片手でサクッとiPhoneを設置出来る」。これに尽きます。

 

シリコン製なので柔らかく、機種を選びません。弾力があるので、片手でもスマートフォンを固定出来るわけです。

  

シュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスのパッケージの横

  

Img_0390
角度を二段階調整する事が出来ます。たった二段階か、大丈夫かな、と始め私も思ったのですが、実は使ってみると、ほとんど困りませんでした。

  

Img_0391

  

シュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを車に付けるとこんな感じです。

  

Dsc_0711
運転席から。

 

Dsc_0713
運転席からちょっとアップで。ちなみにつけているスマートフォンはiPhone7 Plusです(8やXが出るというタイミングで水没して買いました・・・)。

 

Dsc_0707

 

Img_0388
片手でもスマートフォンをサクッとつけることが確かに出来ます。かなり快適っす。

 

このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスに、片手でスマホを設置するところを動画で撮影してみました。

シリコン製なので、私は別にもう一台、アンドロイドも持っているのですが、何の面倒も無くそちも小手出来ます。勿論片手です。

また、このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを設置する際は、強力なジェルで固定するのですが、実は元々不器用なことも有り、一回つけた後で位置が微妙に気に入らずや、ヤバイ?」と思いながら付け直して位置を修正しました。

 

が、あっさり設置位置を修正出来たのと、その後全くホルダー本体がはがれる事は全くありません。

 

いろんなスマートフォン車載固定ホルダーがありますが、それらの多くはプラスチック製が多く、必ず両手での設置になってしまうので面倒臭いなと思ったので、これを見つけた瞬間「これだ!」と即買いしました。

勿論出来ない事もあり、最大の問題はスマートフォンを縦に設置する事が出来ない、です。

ただ、個人的にはトータルで見れば、それを上回るメリットを感じてますので特に気になりません。

また、このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを買う前に、ネットでレビューを見たのですが、どこも評判が大変良かったのですが、唯一幾人かが共通して指摘されていたデメリットとして「財布に見えるので、窓を割られて盗まれないか心配」というのがありました。

確かにみようによってはそういう見方も可能ですが、今のところ盗難の憂き目には遭っておりません。かなり山奥の湖ですとか行ってますが、大丈夫でした。

まあ盗む方もそれなりにリスクがありますから、運転席の前にこんなのが乗ってあれば、財布かどうかはまじまじと見てから犯行に及ぶと思いますので、良く見るとコの字で中身は無い事がわかりますので、大丈夫だと思います。

 

ということで、今のところ視認性も良くなり、大満足です。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.09.23

自称世界イチ分かりやすい(はずの)釣りと潮位のお話(1)潮位と潮汐って何が違うの?

海釣りに行くときに良く、というかほぼ必ず、潮位表、タイドグラフを見ます。

海釣りにおいては、この潮位こそが超過を握る極めて大きな要因であることは、釣り人なら誰でも知っています。感覚的には釣果の5割、6割は潮位に左右されるような感覚です。

ところでこの潮位、しばしば「潮汐」とも言ったりしますよね。


そこで一体何が違うのか、調べてみました。

P9090789

そもそものお話として、潮位は誰が計測し、予測しているのか?

実は三つの官庁が分担しています。

1 気象庁
2 海上保安庁 海洋情報
3 国土交通省国土地理院

です。

まず1の気象庁では現在189地点で潮位の実測を行っています。その地点の事をちなみに検潮所と言います。


2の海上保安庁では海上保安庁所管の20箇所の験潮所というのがあります(「検」潮所ではありません)。ここにそのリストがあります。


最後に3の国土地理院では潮位を実測している地点の事を「験潮場」と言います。ややこしいですよね。全国で25箇所ほどあります。


これらの三箇所、約200地点のデータはリアルタイムで取得、一般公開されており、担当省庁間でも共有されています。

その実測値を生かしながら、月の満ち欠けなど、いろんな要素に基づいた計算式に基づいて、潮位の予測を「気象庁」と「海上保安庁」で行っているわけです。

この予測値の呼び名を、

気象庁 → 潮位表
海上保安庁 → 潮汐表


と呼んでいます。

そう、つまり、官庁が違うだけで、実は潮位も潮汐も同じ種類のデータだったのです!


では予報と言いますか、推計値はどこでどこまで、どう公開されているのでしょうか。また、潮位表と潮汐表では予測結果が異なる事があるのでしょうか?

つづく。




良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2016.05.10

いそ釣り三昧北海道!のYouTubeチャンネルがオープン

HBCがやっている、釣り場の独自予報をしている波高・気象情報サイト いそ釣り三昧北海道ですが、YouTubeチャンネルが出来ましたね。

まだ動画は少ないみたいですが、今後が楽しみです。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2013.08.01

大津漁港や十勝方面のサケ釣り情報

しばらくぶりの書き込みで申し訳ありません。。

今後はばんばん書く予定です。

サケ釣りの季節ですね。
私も週末になると、ネットで大津漁港や十勝方面のサケ釣り情報を探し歩いています。

で、見つけたのがこのサイト。

Fishland

短信ですが、結構便利ですね。
さて。今週末はどうしましょう・・・。天気悪そうです。。


もし気に入ったら押してやってください・・→にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30