カテゴリー「イカ」の11件の記事

2009.11.28

余市でエギング、マメイカ、ヤリイカゲット。

2009年11月28日、余市漁港にエギングに行ってきました。2,3時間でしたが、良型ヤリイカとマメイカ、全部で10パイくらいでしたが、渋い中引き出せました。渋いときのコツはやはり遠投とボトム責めに限りますね。

Pb281031
いきなりあっさり釣れて拍子抜け。一年ぶりでございます。

Pb281032
ヤリイカちゃん。

Pb281033
良型のマメイカ。

Pb281035
このサイズになると、ドカン!と当たるのですごいです。

Pb281036
かなり渋い中、短時間で釣れました。

それと、例の海上自衛隊余市防備隊のところで、マメイカを立て続けに釣っている人がいたのですが、ほとんどサイトフィッシングでした。私もマネをしたのですが、なぜか全然釣れません。よく見ると、私のエギは2.0から2.5号で沈下速度が少し速いのに対して、その人のは恐らく1.8号くらいのエギで、沈下速度もかなり遅めでした。今までは2.5号はオールマイティだと思っていたので、ちょっとこれはびっくりでした。また引き出し増えたぜ・・・。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2008.11.26

余市ヤリイカ釣り、エギング動画釣り上げた瞬間

という事で、2008年11月15日~16日にかけての余市ヤリイカ釣りの動画です。ちょうどつり上げるところを動画で撮影してみました。バラさないかとヒヤヒヤしましたが・・・(汗)

関連レポート

ヤリイカ釣り動画その1

 

ヤリイカ釣り動画その2(釣り上げた瞬間)

2008.11.22

今宵からの釣り予定

かなり天気が悪いですが、積丹方面に、夜イカ、ロックフィッシュ→朝ホッケ、という釣り(強行軍?)を予定しています・・・速報携帯から上げますね。

気に入ったら押してやってください・・→にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

2008.11.16

積丹夜ロックフィッシュ→朝抱卵ホッケ釣り、のはずが・・・その1

2008年11月16日(というか、正確には15日土曜の夜)、結局どこに釣りにいこうか、散々思案しまして、太平洋側は波風が強い、という事で、積丹で夜はロック、朝は抱卵ホッケ、という事にしました。が、な、な、なんと、

(;゜□゜)ガーン!! 

フィッシュランド手稲店が空いていなかった(20時半の時点で)。もう週末24時間営業は終わりだったのね・・・浮き仕掛けはあるのに・・・

小さなジグは持っていましたが、付けエサも撒き餌もないので、結局行きがかり上、夜は岩内漁港ちょっとだけ、寿都漁港でソイ、そのままなぜか
余市に一気に移動し、ヤリイカのエギングになってしまいました(現地でひらきんさんと合流です)。

ひらきんさんは岩内でソイ10連発だそうです。私は岩内ではヤリイカの群れをちょっと見て終了です・・・(岩内も寿都もものすごいベイトの数でしたが、全くワームに反応せず・・・)。

しかし、余市でかろうじて救われました・・

後で写真乗せます・・・・

気に入ったら押してやってください・・→にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

2008.11.15

積丹夜ロックフィッシュ→朝抱卵ホッケ釣り、のはずが・・・その2

という事で今頃すいません、「週回遅れ」の釣りレポートです。

前回はこちら。

まずはどうしようかと岩内漁港を軽くチェック。ものすごいベイトフィッシュで、なんとヤリイカの群れを発見!あわててエギで攻めますが、反応なし。結局ソイも釣れず、30分程度であっさり見切り、前から気になっていた寿都漁港周辺へ。しかし、こちらも反応なし。寿都漁港、実は数年ぶりに釣りにきましたが、全く変わっていて、外側の防波堤に入れなくなっていました。残念・・・。投げ釣りでも良いクロガシラのポイントあったのに・・・(しばらく投げ釣りやってないですが・・・)。寿都漁港の内部もものすごいベイトの数でした。水面でたまにライズがあるので、ソイかと思い、表層を白系のエコギアのワームで引くも反応なし・・・。こういう魚が「狂ってる」時って、結構だめなんですよね・・・。

そこで仕方なく岩内方面へ戻り、ホッケをジグで釣りたかったのですが、既にフィッシュランド手稲店が週末24時間営業を休止してしまい、エサも撒き餌も買えませんでした。ので、そのままスルーして余市に移動。

すると当たる場所を発見し、ソイを立て続けにヒットです。全部リリース。やっと救われたぜ・・・。あぶない、ボになるところだった・・・。

Pb160398
あぶなかったぜ・・・

Pb160400
おほほ

Pb160402
釣れて良かったす。

まだまだ釣れそうでしたが、気付くと隣の兄ちゃん「だけ」が、コンスタントにヤリイカをエギングで釣っている事に気付き、急遽私も変更。この日はこの兄ちゃんしかろくに釣っておらず、自衛隊前とか全くだめな感じでした。でも、湾内に群れはいるのですね。雨も振っていたこともあり、こういう時はボトムがいいんだなぁ、と改めて再認識。ちょっと引き出し増えました。

Pb160403
来たぜ!確かエギ王Q 2.5号のナチュラルカラーです。

Pb160399
小雨が降っていた余市漁港。人影もまばら。

Pb160407
いや~、てっきりイカもダメかと思っていたので、嬉しい一パイ。

Pb160408
うひょひょ

Pb160409
明るくなってからも結構そこそこイカが釣れましたが、体力切れで終了・・・。

動画はこちら

 

結局ソイは3本くらい?イカは8パイでした。イカったイカった(←オヤジか。いや、もうオヤジだった・・・)。

2008.09.13

ブリのジギング、ソウテイガイです

ということで、更新が遅れてすいません、2008年9月6日、ブリのジギングですが、【速報】の通り行ってきました。今回は、SHINCOさん風にお伝え致します。

夕方4時頃、札幌を出発、積丹はものすごいべた凪です。船が揺れないので釣りやすですが、ブリの活性が不安です。前日、新しい群れが積丹沖に入ったとの事で、船中80本!などという気が遠くなるような釣果が出た事もあり、期待はふくらみますが、得てしてこういう極端な大釣りの後は、激的に釣果が下がります(^-^;)

P9060089
途中で通りかかった港。ベタベタです。

すると出発地である余別漁港の手前まで来たところ、え?(;゜□゜)、な、なんじゃこりゃあ、これ船出るの?という位の

突然の土砂降りです Σ( ̄ロ ̄|||)な、なんじゃこりゃああ

P9060094

ワイパーを全開にしても、全く追いつきません。をいをい・・・(^-^;)

P9060096

結果的には一瞬でやんだのですが、びっくりしてしまいました(^-^;)。何とか余別漁港に到着すると、はやはり鏡のような状態です。雨も降っていません。友人と合流し、さあ、18時出発です!(^-^)

P9060104

何しろ二年ぶりのブリのジギングです。かなりテンションも上がっています(^-^)

P9060117
船上で準備に余念のない友人。

P9060123

さあ、ポイントに近づいてきました。どれ、魚探は・・・とのぞくと、、、、あ、嗚呼(T-T)魚が全くいない(T-T) 

P9060125
全く何も写っていない魚探。

ま、まさかだよな・・・と思いつつ(^-^;)、とりあえず開始です。まずは定番シーブリーズオリジナルのヤバイジグです。船中全員同じジグでした。ウエイトサイズは確か400gです。一個5,000円しますので、万が一根掛かりすると(ほとんど無いのですが)、その瞬間昇天しかねないお値段です(^-^;)。が、釣れないジグ1,000円の5個買っても仕方がない、と、一昨年購入してから大事に使っている1本です(^-^;)

P9060147

友人と黙々とジグをジャーク(というよりリフト&フォール)を繰り返しますが、全く当たりが出ません・・・次第に船の中が重苦しい空気に包まれていきます・・・(^-^;)。定番メソッドでボトムを中心にジャークを繰り返しますが、生命反応がない・・・(^-^;)

P9060133

船中誰も釣れません。やばい・・・(T-T)あまりに釣れないので、また魚探をのぞきに行きますが、全く陰がありません・・・(T-T)。船頭さんに「どうすかね?」と聞くと「全然いねな、、、」場所を移動して再び開始。ですが、やはり反応がありません・・・(^-^;)


既にかなり激ブルー(T-T) です。


船頭さんに再度「どすかね?」と聞くと、「たまにちらっとは陰見えるけど、食わねな。食い悪いんじゃないか」との事(T-T)。ああ、ま、まさか、二年ぶりなのにボ?の恐怖が頭をよぎります(T-T)。と、その時すぐそばにいた人がヒットぉ!サイズはあまり大きくないようですが、船中初ヒットです!おお、きたか~!が、無念のフックアウト!惜しいっ。。。(T-T)そしてまた長い沈黙が船を覆います。。。(^-^;)

すると今度は私の真後ろにいた人にヒット!おおっ来たか!ロッドの曲がり方といい、これは5,6kgはあるかも?っと、これも無念のフックアウトです(T-T)しかも私とラインが絡んでしまいました。すいませんです。。。<(_ _)>

P9060141
黙々とロッドを振る友人。

食いが渋いのか、そもそも魚が薄いのか・・・恐らく両方でしょう(^-^;)。そこで、食いが渋いときは黒が確か良かったな、とジグチェンジです。

P9060146

FISHERMANのCRAZY LONG JIG 420gにチェンジして、フォールした瞬間、ん?何か違和感が?お!?当たった!!が、重量感が全く無い。なんだ??ジグを回収すると・・・

P9060142

な、な、なんと、イカのスレ掛かりでした・・・(^-^;)しかもボトムでイカがかかったって事は、ブリはいないという事です・・・・
(T-T)

その後も当たりはなく、時間だけが過ぎていきます(^-^;)。や、やばいぜ(^-^;)。魚探を見るとやる気が失せるので、もう見るのを辞めました(^-^;)

P9060137

灯りにベイトフィッシュやイカやサバが集まって来ているのが分かりますが、ブリの姿はありません・・・(^-^;)。時々海面をシイラやイカが泳いでいるのが見えます。別のタックルもってくりゃ良かったか・・・(^-^;)

そして恐怖の起きあがりタイムです・・・


嗚呼(T-T)

(;゜□゜)ガーン!!

船中0本!(T-T)(初体験です・・)

全員ボで終了です(T-T)

2年ぶりのジギング、な、なけなしのお小遣いが・・・(T-T)。

こ、これはこのままでは終われない・・・リベンジせねば・・・(T-T)。帰宅後、かみさんに「これが一杯10,000円近い幻のイカね!」と言われました・・・(T-T)。

追記:
翌日日曜の夜は、船中50本の大釣りでした・・・か、神よ・・・(^-^;)仕打ちにしてはひどすぎます・・・(T-T)

今回の教訓:
爆釣の翌日は気をつけろ!むしろほどほど釣れてる方がチャンスあり?

2008.08.10

留萌で釣りに出かける。ソイ爆釣&イカもゲット 

という事で2008年8月3日、実家に四十九日のついでに夜出撃する事にしました。何しろ留萌は私が育った街なので、まさにホーム。港は特によく知っています。が、もう10年近くまともに行った記憶がありません。釣りにいくかどうしようか、ちょっと逡巡しましたが、しげさんから情報を頂き、出撃となりました。

今回の目標はエギングでイカ釣りですが、ソイも一応ターゲットです。当日は小雨っぽかったのですが天気予報がはずれて、夜にはしっかり上がり、路面も乾いていました。しっかり釣りたいところですが、さて・・・。

P8030005

エギはストックがありますが、しげさんから夜行カラーがいいとの情報を頂き、念のため上の2個を新規購入。リアルカラー系と目立つ系を買いました。

ということで9時頃実釣開始。イカ狙いの人はポツポツという感じなのですが、やはり結構遠くまで飛ばしています。こちらはロックフィッシュロッドに10.5g(2.5号)のエギですから、なかなか遠くに飛びません。そして釣れない・・・・。最近の悪いクセで、持久力が全くないため、あっという間にワームにチェンジです(汗)。ま、イカが引っ張ればすぐわかるので、そしたらエギに切り替えよう、という作戦でした。

まあ、夏枯れだし、大して釣れないだろうな・・・と思いつつ、10.5gの夜行カラージグヘッドに(一応イカの事を考えて)これまたいきなり最終兵器ガルプパルスワーム4インチチャートを使用します。えいっ!とキャスト、カーブフォール中、コツ、コツコツというあたり。あれ?と思い合わせると、お、おお?なんといきなりのヒットです!

P8030008
ひさしぶりじゃのー。元気だったけ?

と、ここからがまあ怒濤の連続ヒットです。途中で面倒で撮影辞めてしまいました。

P8030009
釣れる。

P8030012
とにかく釣れる。久しぶりにメジャー出しました(笑)。

P8030013
ガヤは表層気味で結構出ました。オールリリース。4,5本かな?

P8030015
夏枯れもどこへやら、とにかく釣れる。それとも腕か?中層か底で出ます。

P8030016

ひたすら釣れる。ここでちょっと小休止して。しげさんと合流、情報交換。実は(?)はじめてしげさんとお会いしましたが、どうもありがとうございました>しげさん

と、場所に戻ってそろそろイカを、とダメもとでエギを投げ20秒くらいフォール。何回か煽るとあれ?重いぞ?しまった、昆布でも引っかけたか・・・と思ったらおお!ついてる!ついに今年初イカをゲットです。

P8030018
むちゃくちゃ嬉しい一パイ。しげさんに電話すると、すぐに小さいの1パイゲットで、他足下でバラしとのこと。

おお、これは岸よりしてきたか?と思いましたが、30分くらいあたりなく、もういいうや、とまたワームに戻します(ホント最近持久力がない・・・)。かなり強い当たりも2回くらいばらしてしまいましたが、いや~、久しぶりに良く釣りました。どっかの沖防波堤行ったみたいです。

P8030020

満喫♪

P8030017

結局釣ったうち半分くらいをリリース。後は実家に家族で泊まりに来ている事もあり、6本キープして、朝ご飯にしました。ソイを釣ったのも、こんなにキープしたのも久しぶりです(涙)。なかなか行けなかったので、もう秋までだめかなと思っていたので、これは嬉しい。結局24時に上がりました。しげさんは朝まで粘り、イカを数ハイ追加したと後で連絡もらいました。

朝、イカは当然刺身、ソイはアクアパッツア風に料理して食べましたが、うまい。イカもっと釣りたい・・・・。久しぶりに釣りを満喫です。しげさんも情報ありがとうございました。夏でも留萌熱いぜっ。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2008.08.07

小樽に小一時間イカを攻めに行くが・・・

2008年8月2日の深夜、気分転換(?)で小一時間ほど小樽、高島漁港方面にイカ釣りに行きました。あえて南防波堤には行かず、場所を開拓です。3日の0時、現地に到着して早速エギングでイカを釣ります。

P8030002
使うエギは自分的には一番実績モリモリ自信のこのカラーです。

場所は前から目を付けていた高島漁港の防波堤です。ここは煌々と街灯がついている、外海に面した場所なので、確率は高いはずなのですが、釣りをしている人を見たことがありません。という事はためなのか ・・・

P8030003

雰囲気はばっちりなのですが、全くバイトがありません。そうすると最近の傾向で、やる気がみるみる萎えてしまいます。いかん・・・。まだ親父の事もあるのか、どうも根気が続かないです。。。あまりに魚を釣ってないせいか、最近なんか釣り自体に意欲が失せつつあるような自分が怖い(汗)。

結局1時間くらいで上がってしまいました。ま、明日は実家なので、留萌港で遊ぶことにしよう。そしてこれが吉と出るのであった・・・(続く)

2008.06.12

ヒラメとヤリイカと遭難者と

2008年6月7日、べた凪ですが、またしても岩内港にヒラメ釣りに出撃です。今日こそはヒラメを釣るぞ。。。理由があって、とにかく今年は早く一枚を出さなくては成りません。珍しく夕方のまだ明るいうちに岩内に着きました。

岩内につくと、案の定ですが、すごいロックフィッシャーの数です。投げ釣りのおぢさん(私もその部類なのですが)やら、兄ちゃんっぽいのもちらほら見え、岩内の港も本格的な夏の気配を感じさせます。いつものメジャーなポイントは人が多く、また釣れてる気配がありません。前日から微妙に振った雨の影響もあり、ちょっと濁っています。この海水を見て、「あ、今日は湾奥部はだめだなこりゃ・・・」と思いました(実際ダメだった・・・)。潮も全く動いている気配がありません。

そこでさっさと岩内に見切りを付け、泊方面に北上して小さな港を回ります。が、全然だめ・・・。途中立ち寄った港で、街灯の下を見ると、おお、30センチくらいのヒラメが中層をふらふら泳いでるではありませんか。パルスワームを口先に持って行きますが、やる気は全くありません。しかもかなり体がまだらに白くなっており、傷ついている様です。

翌日は何しろ娘の運動会があるので、朝までやれません。仕方なく岩内まで戻り、人気のない防波堤に入り、ひらきんさんと合流する事になりました。すると、おお、なんとtukatukaさんとそのご友人までご一緒じゃないですか。久しぶりにお会いしました。釣り談義に花を咲かせつつ、釣りを再開しますが、全くだめ・・・。テトラを歩いて攻めたりしましたが、やはり水が悪いのか、どうにもソイすら反応がありません。

ひらきんさんとどうしましょーかねーと話をすると、夕方定番ポイントで40UPのヒラメがふらふら泳いでいるのを見たというのではありませんか(やる気無しで、釣れず)。もうしょうがないから戻りましょう、という事で、定番ポイントへ移動する事になりました。

定番ポイントに着くと、東防波堤の方が随分とにぎやかです。はて・・・?まさか、もしかしてあれ捜索・・・?誰か落ちたのか・・・?上空は飛行機も飛んでいます。急遽東防波堤そばのフェリー埠頭まで行くと(野次馬気味ですいません・・・)、おお、ヘリに飛行機に巡視艇に小型ボートにパトカーに、と大騒ぎになっているではありませんか!

P6080004
巡視艇から放たれる強烈なサーチライト

ヘリがかなり低空飛行でバンバンと繰り返し円を描いて上空を旋回します。

P6080020
ものすごい低空飛行で旋回するヘリ。すごい爆音で、まるで戦争みたいな状況になっています・・・

フェリー埠頭近辺には多くの釣り人がいましたが、もうこうなると釣りどころではなく、多くの人が捜査の成り行きを見守っています。聞くと、前日7日の2時頃、東防波堤の先端で釣りをしていた人が、いなくなってしまい、釣り竿と竿立てだけがある、という事で騒ぎになったそうです。家族からも今日の20時頃捜索願が出て、今こうなっている、との事。今時期、もう初夏ですが、東防波堤の先端はつかまるところがないので、運が悪いと亡くなってしまう可能性も決して低くはありません。ライジャ付けてたのかな・・・。大丈夫でしょうか。

P6080027
奥の強いビームが海上保安庁の巡視艇、手前の小さいボートが捜索艇です。

翌日Zさんに事の顛末を話したところ、翌日道新(夕刊)に、記事が出ていたと教えてくれました。サイトでも記事が出てますね(いずれ見えなくなると思いますが)。海底から発見されたそうです。ご冥福をお祈りします。

釣りの男性が転落し死亡 岩内(06/09 13:54)

それにしても、不謹慎かも知れませんが、自分も比較的一人でデンジャラスなところに行くので、こんな大騒ぎになる事を考えると、ホント気をつけないと行けないな・・・と強く思いました。捜索費も自腹ですよね・・・?確かヘリって一回飛ばすと100万近くお金がかかること聞いたことがあります。気をつけなければ・・・。

それと、東防波堤は実は今年に入って亡くなったのは確か二人目だったと思います。私は東防波堤は相性が悪いのでほとんど行かないのですが、つい最近まで、前回の事故で、立ち入り禁止になっていたそうです。先週珍しく東に入ったのですが、その時は普通に入れました。

もしかすると今回の件で、かなりがっちり立ち入り禁止エリアになってしまうかも知れません・・・。苫小牧の立ち入り禁止になった沖防波堤の事を思い出してしまいました。みんな楽しく釣りをしている場所ですから、立ち入り禁止になってしまうのはとても残念なのですが・・・。

とにかく、陸っぱりと言えども油断せずに、まずライジャを必ず付ける、という事を励行しましょう。周りの人を悲しませないように・・・。不幸にして亡くなられた方は、ご冥福をお祈り致します。

それで、定番ポイントに戻り、ひらきんさんとヒラメ釣りを開始しますが、案の定反応はありません。湾奥部ですので、水も濁っています。すると、ん・・・?な、なんと、ヤリイカの群れが表層を泳いでるではありませんか!マメイカも混じってるようです。確か車に万が一のための(万が一って何?)エギがあるはずだ!と、早速キャスト!いきなりひーーーっと!結局時間切れで私は大きいヤリイカを2ハイゲットしました!

P6080042
うひょひょひょ

岩内でイカを釣ったのは実はこれが始めてです。ひらきんさんも始めてエギングに興奮しています。結局ひらきんさんも二ハイゲットしました。

P6080044
帰ってからお刺身で頂きましたが、やはり鮮度が勝負ですね、イカは。最高に旨かったです。

にしても、今年の岩内は本当にヒラメが薄いです。釣ったという話を聞きません。私もこの数年、今時期までボウズなのは初めてです。でも、イカが入ってきましたので、ヒラメのベイトですから、つられて今後はヒラメも入ってくるのでは・・・期待が大きくなりますね。



2006.11.23

余市でマメイカ大爆釣!-気候の読みが大当たり!

2006年11月23日、この日はかなり天候が悪く、大型低気圧が北海道をかすめそうな状態でした。普通ならあまり釣りには行かない日です。実際、この日余市漁港では、外防波堤はバンバン波をかぶっており、そこに行こうものなら速攻で海の藻屑になる状態です。

しかし、私はもしかしてこれはマメイカ(豆イカ)爆釣のチャンスかも?という読みがありました。実は以前にも似たような事があったからです。

マメイカ(豆イカ)シーズン到来

釣れたり釣れなかったりしている(群れが岸よりしている証拠)

天候荒れる

普段より人が少ない

すれたマメイカ(豆イカ)がリセットされ、湾内の奥にたまりやすい

一人舞台貸し切り状態で爆釣

というまさに一人勝ちの方程式が成り立ちます。

という事で、あえて悪天候の余市漁港に行きましたが、結果読みはずばり的中。はじめは全く反応が無く、や、やばい、はずしたか・・・?しかし天候が悪いので、あちこちランガン出来る状態ではありません。そこで、群れが回ってくるまで、と(実は半信半疑ですが)、途中でロックに切り替えて、ワームでソイと遊んでいました。

いい加減ソイを堪能して、どれ帰ろうかなと思いつつ、念のため湾内をのぞくと、あれ?今何か白く細い大量の集団が泳いでなかったか?

しかし、あまりにも巨大な群れの様に見えたので、何か湾内の街灯を見間違えたのかな、、、と思いつつ、念のためエギをキャストすると・・・おお!神様仏様!ゲットです!!
Pb230052 
やりました!何しろ昨年はマメイカ(豆イカ)釣り自体が出来なかったので、これはうれしい。来てイカッたー、などと小ネタを一人とばしつつ、もう一枚。

Pb230054
しかし、これはこれから始まるサクセスストーリーの序章でしかありませんでした。海面をよ~く目をこらしてみると、やはりさっきのは見間違いではなく、超でっけぇマメイカの群れだったのです!そこからはもう一人で阿鼻叫喚地獄絵巻状態で、ワンキャストワンヒット状態の連続です。サイトフィッシングの頂点です。エギを抱える姿が次々と丸見えです。当然私一人しかいません。
釣れる、釣れる、とにかく釣れる。釣れるったら釣れちゃうの。渋くなってきたら、エギのアクションを変えるのが肝で、これがまた大当たり。

出来るだけしっかり旨く持って帰りたい、という事で、マメイカ(豆イカ)同士がつぶれてしまわないように、バケツにしっかり海水を入れますが、あまりに釣れるので、マメイカ(豆イカ)がバケツからあふれてきます。

いい加減空が白んできて、マメイカ(豆イカ)の群れもいなくなるまで、この連チャンフィーバー(パチンコか)は続きました。

Pb230055
これを見よ!

Pb230056
当然海水パック状態で、帰宅(何でもそうですが、食べるのを目的で魚をキープする時は、出来るだけ鮮度良くおいしく食べたいので、血抜きや海水漬けで持ち帰るのを原則にしています。おいしい魚が更に数段おいしくなるのでお勧めです)。家に帰ってカウントすると、140パイ近くになっていました。

その晩はぷりぷりのマメイカ(豆イカ)を使って、刺身、煮付け、バター焼き、そして絶品なのがマメイカ(豆イカ)飯!サイズが小さいので手数はかかりますが、これがもう最高にうまい!

いや~、もうとにかく数年に一度の大勝利。まさに読み的中の一日でした。ふおっふおっふおっ。

より以前の記事一覧

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31