カテゴリー「釣り」の321件の記事

2017.12.10

魚のサイズがすぐわかるアプリは本当に使えるのか?

先日東京出張の際、サボって、じゃなかった調査(って何?)で入った上州屋新橋店で、こんなキーホルダーが売っていました。

余談ですが、地方からの出張者には、新橋の上州屋は浜松町に近くて寄りやすくていいですね。ニュー新橋ビルというあやしげな中にあるのも素敵です。

で、キーホルダーというのがこれです。思わず買ってしまいました。

Img_0949

メーカーサイトはこちらです。

裏はこちら。

Img_0954

この手の魚と一緒に置いて、アプリでカメラを起動して撮影すると魚の全長がわかる、というのは最近よく見かけます。

そこで、実際どの程度使えるのか、試しにやってみました。

実は先日釣ったサケをさばく前に、これで計ってみました。

念のため実際のスケールも置いてあります。

Img_0960

結果は・・・・

Img_0966s

73.4センチ!

実際のメジャーで見ると、74センチに見えるので、ちょっと違うかな・・・。

Img_0961line

若干メジャーも斜めって置いたこともあり、撮影条件でちょっと変わるのかもしれませんね。

次回もう少し厳密に検証してみたいと思います。



良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.11.12

釣りと雷。雷の傾向とは。雷探くん(携帯型雷探知機)購入!(1)

最近秋のせいなのか?釣りに行くと結構大きな雷を聞く機会が増えました。

 

我々釣り人は極めてフラットな地形で自ら積極的に避雷針を立ててる自殺志願者のような状態ですから、やはり雷は気になります。音が近くで鳴ると戦場にいるかのように背を低くして退散した事もあります。

先日室蘭でこんな雷に遭遇したときはマジですぐそばでなっており、本当に死ぬかもしれないと思って退散しました(そもそも釣りするなよですが・・・)。

Img_0034

ゴロゴビカビカマジ死ぬかと思いました・・・。動画はこちら。結構近いです。。



しかし、雷って季節的傾向があるんでしょうかね?

と思ってちょっと調べてみたら、こちらの解説の通り、雷は実は夏が多いみたいですね。

 

 

ただし、日本海側の場合は、

 

「冬に日本海側で多く発生する雷は、大陸から吹き出してきた寒気が日本海で暖められて発生する積乱雲によるものです。日本海沿岸の冬の雷は、夏の雷に比べて放電の数が少ないものの、一回あたりの雷の電気量が多く、落雷すると被害が大きくなりやすい特徴がある」

 

んだそうです。

  

つまり北海道の日本海側では、雷の頻度は秋冬は春夏より少ないけど、インパクトがでかい(ので、印象的に冬に雷が多いように思えてしまう)のかもしれません。

 

そこでこんなん見つけたので、買ってみました。

   

「雷探くん」です。珍味で言うと「イカくん」「たこくん」並に何も考えてないようなネーミングが素敵です。

 

パッケージはこんな感じです。

 

携帯所持を想定していることもあり、思ったよりは薄かったです。これならベストに入れておいてもいいかも。

 

Img_1385heic

 

40km先のまで探知できるのはすごいですね(いるかどうかはさておいて・・)。

Img_1384heic

 

Img_1383heic_2

 

Img_1386heic

 

中身はこんな感じ。

 

Img_1387heic

 

Img_1390heic

 

「雷探くん」を携行する際は、携帯電話とは入れるポケットを分けた方がいいですね。ノイズで精度が下がるそうです。

 

Img_1395heic

 

「雷探くん」は400時間持つとのことで、冬場だともう少し稼働時間は下がるかもしれません。にしても、話半分だとしても200時間、連続で約8日間はもつことになりますから、帰りは無駄ですので電池を切れば、半年くらいはなんら問題なく使えそうです。

 

唯一の心配点としては防水ではないという点です。ですが構造的に水が入りやすいような感じではない点は安心ですが、基本「雷探くん」を持ち歩くときは、水のかかりにくいウエーダーのポケットなどに入れるといいと思います。

 

Img_1396heic

 

雷への対策や雷の仕組みなど丁寧に解説されています。これだけでも「雷探くん」を結構買って良かったかなとは思いました。

 

Img_1398heic

 

Img_1397heic

 

で、実は「雷探くん」を買ってすぐ威力を発揮する機会がありました。

 

続きます。


良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.10.15

幸北見方面、岡島漁港で8年ぶりのサケ浮きルアー・ボートゲーム リベンジ編

 

からのリベンジです。

 

Pa150911
さあ、出発です!

 

Pa150914
この日は朝は凪ですが、途中から風が強くなり、13時までは出来そうもありません。短期決戦覚悟です。

 

Pa150917
数名でのグループと私の乗り合いです。朝から激シブです・・・。

Pa150933
サケのハネを探す船頭さん。なかなか見えません・・・。

 

風もきつく、船中2本。もう船上がりか・・・と思ったら最後のハネ、群れを発見!そこに向けてぶっ込みます!

 

Pa150938
やったーーー!!久しぶりにやりました!

ボートゲームの浮きルアーはやっぱり楽しいですね。

 

Pa150927
結局これで船上がり。結局10時くらいで終わりです。

 

帰りはちょっと早めにまたまた道の駅、道の駅 マリーンアイランド岡島に行きまして、カレー食べましたw。

 

Pa150948

 

帰り道、もうすっかり秋も深まっています。

 

Pa150954

 

鹿も発見。

 

Pa150960

  

ボじゃなくてほんと良かったです。しかし、船賃1万か・・(^_^;) お小遣いが汗。

 

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.10.07

枝幸北見方面、岡島漁港で8年ぶりのサケ浮きルアー・ボートゲーム

めちゃめちゃ楽しいのですが、船賃が1万円もするため、また河口でもそれなりにサケは釣れるため、8年前に行ったのを最後に、しばらく遠ざかっていました。

 

 

今年のサケ釣りは初陣で3本(うち雌1)で幸先の良いスタートでしたが、その後はぱっとせず。。

 

どうも十勝方面はかなり具合が良くありません。歌別漁港など記録的な不漁で沖の定置網にも川にも全くサケが見当たりません。しかし、かといって日本海側のサケは今ひとつ気乗りせず、どうしようかと思案していました。

 

そこでついに8年ぶりに行ってきました!

 

場所は枝幸北見方面、岡島漁港です。

※釣行記は特に断りが無い限り、記事の日付が釣行日です。


Pa070867

 

実に久しぶりに来ました。

 

Pa070868

 

本当に小さな港です。

 

Pa070865

 

奥の左側に見える小さなボートに乗ります。

Pa070861

 

船頭さんは初めて、智喜丸(トモキマル)さんです。この日は乗合で7名乗船でした。

 

 

一生懸命跳ねているサケを探してくれました。とても良い船頭さんでした。

 

岸そばを回り、跳ねているサケを見つけると、小型ボートで一目散に近くに寄り、浮きルアーを投げる。。。これをいわゆる「跳ね打ち」と言います。ボートですが浮きルアーなのでかなり表層の釣りになります。ダイナミックなカナダみたいな(勝手な想像)釣りです。

 

Pa070846

 

こういう小さなボートです。

 

Pa070851
期待を胸に出港!

 

Pa070858_2

 

何しろ岸からすぐなので浅いです。それが楽しいわけです。めちゃくちゃわくわくします。

 

Pa070859

 

こちらはマイボートの方。


さあ!キャスティング開始です!

 同じくサケの浮きルアー釣り船が沢山あります。


結果は・・・・・









・・・








完全無欠のボ。

 

なんと船中7名で釣れたのが2本・・・。

あたりすら皆無で、お手上げの一日でした・・・。

マジか。

マジなのか。。

 

船頭さん曰く、昔のように跳ねているサケを見つけてボートで寄っても、大量に群れているケースは少なくなり、最近は小さな群れをいかに探すかの勝負になっている、とのことでした。

 

温暖化の影響なんでしょうか。。

 

ちなに数日前は二人で20本近かったそうです。

 

だんだん博打要素が強くなってきましたね。。

ということで、岡島漁港のすぐそばにある道の駅、道の駅 マリーンアイランド岡島によって、ラーメンチャーハンセットを食べました。

Pa150946

何の特筆すべき点もない、普通のラーメンチャーハンセットです。うん、うまいっす。

Img_0764heic

何気ない、平凡な普通の料理でもごちそうになるのが釣りの素晴らしいところです。

Img_0766heic

ごちそうさまでした(人)

そしてこのまま手ぶらでは帰れないので、帰りにヤマブドウを採取して、ドリンクを作ることにしました。

案の定すぐ見つかるのがヤマブドウのよいところです。シーズン終盤なので、ちょっと少なかったですがそれでも結構採れました。よしよし。

Img_0783heic

よい子の皆さんは、ドサージュ(補糖)などして、アルコール発酵などを促してはダメ!絶対!

Pa070876

発酵させるすぎるとワインになっちゃうから、自分で楽しむためだけでもダメ!絶対!

Img_0787heic

ということで、8年ぶりの岡島漁港 サケの浮きルアー・ボートゲームは、見事なまでの玉砕で、お小遣いを消耗してしまう結果となりました。。

しかし、私の心の中で、「このままじゃすまねぇ」と、メラメラとリベンジの小さな炎が燃え上がっていることに、私自身、まだ気づいていないのでした・・・(続く)。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.10.01

究極?のスマートフォン車載フォルダー(カースタンド)を見つけた件

車に一応カーナビはあるのですが、微妙に地図が古かったり、使いにくかったりするので、結局普段、Googleマップを使っています。特に遠出の時はルーティングがやはりとても良いです。

 

となると、iPhoneをどこに固定するのか、という問題が起こります。

 

そこで、いろいろと熟慮に熟慮を重ねまして・・・これ買いました!

 

Img_0393

 

 

Img_0395

  

実は種明かしすると、会社の同僚で新しいモノ好き、ギークな人がいまして、その人が買って使っているのを見て、これは便利だなとマネて買いました(^_^;)

 

しかし、ホントコレはヤバいです。

 

これのよいところは、一言で簡単に言うと「片手でサクッとiPhoneを設置出来る」。これに尽きます。

 

シリコン製なので柔らかく、機種を選びません。弾力があるので、片手でもスマートフォンを固定出来るわけです。

  

シュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスのパッケージの横

  

Img_0390
角度を二段階調整する事が出来ます。たった二段階か、大丈夫かな、と始め私も思ったのですが、実は使ってみると、ほとんど困りませんでした。

  

Img_0391

  

シュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを車に付けるとこんな感じです。

  

Dsc_0711
運転席から。

 

Dsc_0713
運転席からちょっとアップで。ちなみにつけているスマートフォンはiPhone7 Plusです(8やXが出るというタイミングで水没して買いました・・・)。

 

Dsc_0707

 

Img_0388
片手でもスマートフォンをサクッとつけることが確かに出来ます。かなり快適っす。

 

このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスに、片手でスマホを設置するところを動画で撮影してみました。

シリコン製なので、私は別にもう一台、アンドロイドも持っているのですが、何の面倒も無くそちも小手出来ます。勿論片手です。

また、このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを設置する際は、強力なジェルで固定するのですが、実は元々不器用なことも有り、一回つけた後で位置が微妙に気に入らずや、ヤバイ?」と思いながら付け直して位置を修正しました。

 

が、あっさり設置位置を修正出来たのと、その後全くホルダー本体がはがれる事は全くありません。

 

いろんなスマートフォン車載固定ホルダーがありますが、それらの多くはプラスチック製が多く、必ず両手での設置になってしまうので面倒臭いなと思ったので、これを見つけた瞬間「これだ!」と即買いしました。

勿論出来ない事もあり、最大の問題はスマートフォンを縦に設置する事が出来ない、です。

ただ、個人的にはトータルで見れば、それを上回るメリットを感じてますので特に気になりません。

また、このシュピゲン(Spigen) 車載ホルダー ステルスを買う前に、ネットでレビューを見たのですが、どこも評判が大変良かったのですが、唯一幾人かが共通して指摘されていたデメリットとして「財布に見えるので、窓を割られて盗まれないか心配」というのがありました。

確かにみようによってはそういう見方も可能ですが、今のところ盗難の憂き目には遭っておりません。かなり山奥の湖ですとか行ってますが、大丈夫でした。

まあ盗む方もそれなりにリスクがありますから、運転席の前にこんなのが乗ってあれば、財布かどうかはまじまじと見てから犯行に及ぶと思いますので、良く見るとコの字で中身は無い事がわかりますので、大丈夫だと思います。

 

ということで、今のところ視認性も良くなり、大満足です。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.09.23

自称世界イチ分かりやすい(はずの)釣りと潮位のお話(1)潮位と潮汐って何が違うの?

海釣りに行くときに良く、というかほぼ必ず、潮位表、タイドグラフを見ます。

海釣りにおいては、この潮位こそが超過を握る極めて大きな要因であることは、釣り人なら誰でも知っています。感覚的には釣果の5割、6割は潮位に左右されるような感覚です。

ところでこの潮位、しばしば「潮汐」とも言ったりしますよね。


そこで一体何が違うのか、調べてみました。

P9090789

そもそものお話として、潮位は誰が計測し、予測しているのか?

実は三つの官庁が分担しています。

1 気象庁
2 海上保安庁 海洋情報
3 国土交通省国土地理院

です。

まず1の気象庁では現在189地点で潮位の実測を行っています。その地点の事をちなみに検潮所と言います。


2の海上保安庁では海上保安庁所管の20箇所の験潮所というのがあります(「検」潮所ではありません)。ここにそのリストがあります。


最後に3の国土地理院では潮位を実測している地点の事を「験潮場」と言います。ややこしいですよね。全国で25箇所ほどあります。


これらの三箇所、約200地点のデータはリアルタイムで取得、一般公開されており、担当省庁間でも共有されています。

その実測値を生かしながら、月の満ち欠けなど、いろんな要素に基づいた計算式に基づいて、潮位の予測を「気象庁」と「海上保安庁」で行っているわけです。

この予測値の呼び名を、

気象庁 → 潮位表
海上保安庁 → 潮汐表


と呼んでいます。

そう、つまり、官庁が違うだけで、実は潮位も潮汐も同じ種類のデータだったのです!


では予報と言いますか、推計値はどこでどこまで、どう公開されているのでしょうか。また、潮位表と潮汐表では予測結果が異なる事があるのでしょうか?

つづく。




良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.09.17

釣りをしていると定番の生き物

久し振りの更新でございます。


最近なぜこうも更新がトド凝っているかといいますと、はい、仕事が忙しくて、釣りに行ってないからです。。。

が、今年は少し社会復帰しようと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

※ちなみに記事の日付は、具体的な釣行レポートの場合は、記録という観点からアップしている日ではく、実際に行った日にしてあります。


なので、このエントリーは実際に書いてアップした日付になっています。

が、この狐は昨日釣場で見かけました・・。

 

釣りをしていると、定番の生き物がいますよね。

 

これです。

P9160805

今年も十勝港やサーフでチラホラと見かけます。

 

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.08.17

釣りに最適なデジカメは何か?-数年ぶりに購入

思えばこちらの記事の通り、2010年に釣り用のデジカメを買って以来、全く買っていませんでした。

 

 

そのうちスマホが出てきまして、すっかりiPhoneでの撮影が増え、PENTAX W90は使わなくなってしまいました。ここ2,3年はまともに電源すら入れた記憶も無く、今やただの文鎮状態です。

 

まあ、でもスマホの画素数も最近はすごいし、もうデジカメはいらないんじゃない?と思っていました。

 

Img_9783

 

ですが、どうしても被写界深度とか、防水とか、総合的な描画力ではスママホのカメラには限界がありますし、数年間カメラはスマホだねライフをおくっているうちに、段々その事が気になるようになってきました。どうも誰がどう撮っても似たような写真になりますし。

 

そこで、この際一発奮起して、新しくデジカメを買ってまたマジメに(って何?)使おう!と思い立った訳です。

 

で、いろいろ悩んだあげく、買ったのは・・・・・





・・・






じゃーーん、これです!

 

Img_9784

 

そう、OLYMPUS Tough TG-5 です!すいません、一通り競合機種は見たのですが、長くなるのでそちらのコメントははしょります(汗)。

 

Img_9786

 

 

やはり一眼レフだと重くてかさばりますし、何よりも防水がかなりやばそうです。特にうっかり八兵衛な私の場合、高確率で落水→廃人 は火を見るより明らかです(既にiPhoneですら2回やっている)。

 

なので、今回もやはり無難にアウトドアに特化したタイプを選ぶことにしました。

 

とは言っても、OLYMPUS Tough TG-5は、カメラ自体、びっくりする位、あなどれない性能です。

 

どうしてOLYMPUS Tough TG-5にしたかというと、つっこみも交えてご説明すると以下の通りです。

 

1 動画が4Kで綺麗(自宅に4K出力のテレビないし、4K対応デバイス持って無いけど・・・)

 

2 Bluetoothで撮影した画像をスマホ飛ばせるので、撮影した画像がすぐスマホでも見れる(動画は重いので、スマホ側の容量の問題でおいそれとは使えないけど・・・)

 

3 超マクロが取れる(実はまだあまり使って無いけど・・・)

 

4 スポーツホルダー CSCH-123 が便利(これは確かにフィッシングベストにつけると超便利)

 

5 レンズがF2.0でかなり明るい(これは確かにいいっす。他メーカーとの比較でも一番明るいです)

 

です。

 

使った感想としては、やはり画像の表現力がiPhoneとはかなり違うなぁと大満足です。

 

久し振りにデジカメにして、ズームとかいろんな意味で表現力が桁違いに上がったなと(上がったというか、元に戻ったというか)実感します。

 

特に設定をいじらず、撮影してみたのを見てみると(画像はJPGを無圧縮・無加工)

 

■iPhone 7 Plus(実は長いこと6Sを使っていたがまさかこのタイミングで水没機種変)
Img_9780

 

Img_9781

 

■OLYMPUS Tough TG-5
P9170826

 

P9170827

 

顕微鏡接写もすごい

P9170829

 

ということで、あんまり違いがわからないかな、、と思ったら思いの他画質で差が出ましたね。。

 

この機種、かなりの人気で買うのはちょっと苦労しました。

 

ネットショップではほとんど在庫切れで、知床釣行が近い事もあり、ダメ元で札幌のヨドバシとビックカメラに電話したら、ビックに奇跡的に1個だけ在庫があるという事で購入することが出来ました。

 

で、使っていて、あえて不満な点を上げると、3つほどあります。

 

まず、動画を撮影するときにボタンが偉い小さく、グローブをしている状態ではまず押せない事。

 

それと、スポーツホルダー CSCH-123 を使って、ウェアラブル的に使えると思ったのですが、全く無理な事が分かった事です。理由は先の通りボタンを押しづらい事もそうなのですが、押した後モニターを確認する事が出来ないからです・・・。

 

そして三つ目が、これは価格comでも書かれていたのですが。、思いの他モニターがヤワで、傷尽きやすそうな点です(既に写真の通りついている)。

 

Img_9787_02

 

ですが、今のところ総合的にはかなり高い満足です。買って良かったです。

 

今後しばらくは大活躍してくれそうです。


良かったらパシャッとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

2017.05.21

YouTubeチャネルを変更しました

今後動画をドンドン載せたいので、改めてYouTubeチャネルの変更をしました。

今後は、

こちらに動画をあげていきます。まだYouTubeの条件を満たしていないので、カスタムURLを設定出来ません。こういう条件が必要なんですね。

今まではちなみにこちらでした。

よろしくお願いします。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

釣った魚をカモメにカツアゲされつつ、室蘭、黄金ボートハウスでカレイ釣りを満喫

5月20日(土)3年ぶり?に室蘭の黄金ボートハウスに乗ってきました。

 

 

何しろここ数年なかなか釣りに行けてないので、どこもかしこも久し振りに行くとすぐ数年ぶり、という言葉がついてしまいます。

 

 

そしてこれもまた何年ぶりか、EzoTanukiさんと一緒にいってきました。現地集合ではなく、札幌から一緒に車で同乗するのも久しぶりですw。

ここに2馬力無免許操船可能なポケボーもあるのですが、隻数が少ないので事前に予約をしないとほぼ乗れません。我々は一人漕ぎようのボートを借りました。一人6時間で2、000円です。

 

当初の予定では6時から乗る予定が、私がこれまた10年ぶり?に寝坊しまして(汗)気がついたら4時40分。道中構想道路をしっかり安全運転で6時半には室蘭に着きました。もしかして時間何か間違えたかも知れませんが、そこは詳しく掘らないで下さい。

 

手漕ぎのよいところは、ここ釣れないな、と思ったらぽんぽん場所移動が気軽に出来る点です。船釣りの最大の魅力である拾い釣りが出来ますし、船釣りは場所移動の数だけ釣果が伸びる、と私は思ってます。体力的にはアレですが(汗)。

20170520_063517
良く見ると写真写りのよいEzoTanukiさん。かなりの部分を漕いで頂きました。感謝。

北海道ですと、漁師の片手間に遊漁をやっている方も多いのですが、そうなると「乗って頂いている」というような首都圏の遊漁船とは異なり、古い方が多いので「乗せてやっている」的な扱いが多く、時間も非常にルーズな事が多いです。

 

対応も「お客様」というよりヘタをすると「貨物」扱いで、シーアンカーをあげて移動するのが面倒なのか、一向に釣れてないのに、いつまでも同じ場所から動かず、挙げ句の果てには船室で居眠りしているような船頭も昔はかなり多かったです。最近はどうなんでしょうね。少しは変わったと思いたいですが・・・。

 

ということで、余談が長くなりましたが、この日は天候も良く、波もなく釣りやすかったです。数は思ったよりも伸びませんでしたが(少し初夏に近いから?それとも数年来てなかったので何か釣果全般が変わってしまったのか?)、サイズがとにかくでかい!!

20170520_084706_2

数はぽつぽつとなんですが、まー、とにかくマガレイのサイズがでかいこと!43センチとか出ました。

20170520_072348_3
でかいいいい。

Dsc00182
EzoTanukiさんに撮って頂いたので、珍しく自分の写真がありますw

Dsc00183s
異様にでかいギスカジカ

ギスカジカは今までせいぜい味噌汁の具くらいかなと思っていたのですが、EzoTanukiさんから唐揚げにすると実はかなりうまいと聞きました。ので、今回は結構キープです。後日食レポいたします。

20170520_075929_2
EzoTanukiさんも良型マガレイをヒット。

特に11時前後に入ったポイントではEzoTanukiさんが良型マガレイを連発。私も43センチと小ぶりなマガレイのダブル!いやー楽しかったです。

20170520_115954

これくらいになるとロッドの刺さり具合が半端ないです。

20170520_115859
素晴らしい釣果に恵まれました。いやホントデカい。

20170520_123828
魚はスカリにいれて移動していたので、鮮度もしっかりキープです。

20170520_104531
「おーい。いらない魚くれよ。あんだろ?」ということで、ギスカジカと余ったイソメをカツアゲされました。

20170520_103958_2
スマホをポケットから出すと、「な、なんだなんだ、カツアゲの復讐か?」とびびってすぐ間合いを取るカモメ。

20170520_091740_2
ギスカジカもでかい。いやー、今までと違ってw唐揚げがホント楽しみです。

ということで満喫いたしました。

良かったらポチっとお願いします・・・にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31