カテゴリー「ヤマベ(ヤマメ)、イワナ」の3件の記事

1998.07.26

源流にビッグイワナを求めて-実家に寄ったついでに

1998年7月26日。仕事が人一倍とろいせいで(涙)、とにかく寝る時間が欲しい今日この頃、どうしても仕事の都合で実家に帰るはめになってしまいました。

そこで、いい加減夜9時近くに札幌を出発、実家についたのは午前1時30分。家族のものが寝静まった午前4時までモタモタと仕事をし、そこから某川へ車を飛ばしました。

帰ってきたら仕事の続きで、午後からは家族と海辺でバーベキューの予定が入っています(^_^;)その後は札幌まで170キロの運転が待っています。

それにしてもそこまでして行くか普通(^_^;)   

98072601
もう明るいのだ。出発なのだ

今回のねらいはただ一つ、丸々と太った大きなイワナを1本釣る、これだけです。

予定の川には、上流部に60センチ近いイワナが居ることが、仲間内では確認されています。それをドライでねらおう、というのが今回の主旨なのです。

林道を愛車RVRでさっさこと走り抜けます。前の愛車はGOLFちゃんでしたが、新車でいきなり林道走ったり、気の毒なことをしましたので、買い換えました。本人(?車か?)も、まさか極東の島国までは運ばれて、林道を走らされるはめになるとは夢想だにしていなかったでしょう(^_^;)

途中「熊が出ています!」の看板を見て、久しぶりに全開でびびる(^_^;)
何しろ久しく山奥に入って良いので、すっかり肝っ玉が小さくなってしまいました。単独だと余計寂しさが身に染みます。 

98072602
いや~山奥は気持ちの良いこと(^_^)

で、結論から行くと、30センチ程度のイワナが5,6本、二年サイズの良形が5,6本というところでした。
大物は釣れませんでしたが、そこそこのイワナちゃんが、素晴らしい引きを堪能させてくれました(^_^)

98072603   
父親が放流した二年子のヤマベ。

98072604
エルクヘアカディスをきっちりくわえていますね(^_^)やさしくリリース

98072605
ここから出てきました。何しろ上流なので、この付近では割と良い大きさの渕です。

98072606
この淵からは・・・・

98072607
尺もののイワナちゃんが綺麗にヒット。 

しかし、釣り始めて数時間、な、な、なんと、なぜか上流部に餌釣りのおじさんがいるではありませんかぁ?な、なんで??と驚いてると、向こうもこちらに気づき、驚いたようです。
一体どこから来たんだろう?ここはワシ以外のルート進入は無理のはずだし、足跡も昔のがわずかしかなかったのに??
と驚きとガックリ感にうちひしがれながらもキャストしたその瞬間、するどくイワナがアタック!(ヤマベに比べると、めちゃくちゃとろいですが(笑 )
上流のおじさんの目の前で、ロッドがしなる!う~ん、快感(^_^) 尺モノでした。同じ尺でもネイティブは身の厚さと良い、体力と良い、やっぱり桁が一つ違いますね。このイワナはフックをはずすときに血が大量に出てしまい、キープしました。

98072608
愛い奴よのぉ。

98072609
ま、さくさく釣れます。

おじさんと遭遇してから子一時間、時間は10時をまわり、当たりがパタと途絶えてきました。まあ満足したし、追い抜く元気もなし。もう後は釣り下がろうかなとふと下流を見ると、な、な、なんと、今度は若いフライのおにいちゃんがずいずいのぼってくるではありませんか!

あ、どうも、と挨拶すると、「ここはねぇ、1時間半くらい釣り上ってからがおもしろいんだよ」などと言うではありませんか。
「ってやんでえ、こっちは小学生のときから通っているホームグラウンドだぞ、アドバイスされたかねーわい」などというちょっとした優越感と、にもかかわらずそのことを知らなかった軽いショックが複雑に交錯するなか(^_^;)どこから来たんですか?と聞くと、どうやら林道から入れる進入ポイントがあるらしいのです。これは今迄知りませんでした。

う~ん、そうか、ということは、この人もかなり来ている雰囲気だな、やっぱり結構知っている人は知っているんだなあ、という複雑な気持ちになりましたが(^_^;)まあ、今時知られていない川などありませんね。

この人は魚篭はなしで、私と同じパックロッドで、正統派フライマンのいでたちでしたので、きっとリリースをしてくれるでしょう。

ちなみに私はジュースのクーラーをかねつつも、もし大きいのが出たら、という下心を覗かせた魚篭をしっかり持っていました(^_^;)結局尺イワナ1本だけキープすることになりましたが、後は全部リリース。後は上流に居たおじさんが、小さいのを放してくれることを祈るばかりです(^_^;)

ここで釣れるヤマベは、ほとんどが何年にも渡って私の親のグループが放してきたものです。今回も何本かヒットしましたが、多分秋までには良形は抜かれてしまうかもしれません。

98072610
これも尺イワナなのだ。正確に言うと、尺手前、28センチというところでしょうか。最近スケールを持ち歩くようになりました。

98072611
この辺から出てきた(と思う)

98072612
渓流って、素晴らしいですね。 

1998.07.21

豊平川初挑戦 -ヤマベ(ヤマメ)に癒される

98年7月21日、休みもなくセッセコセッセコ仕事をしていた私は、「いかん!このままではパーになる!」と、さも元々頭が良いかのようなセリフをはくと、連休の19日、20日を道北釣行の時間に費やすべく、ものすごい勢いで仕事を始めた。
し、しかし、子供が激しく熱を出してしまい、断念。しかも我に返ると、やはり時間は出来そうもない。ぬおお!この気持ちをどこにぶつけたら良いんだ!もう近場でどっかないのかぁ!!(札幌にきたばかりなので、地理に疎い)と、うめいていると、豊平の白川浄水場近辺がビッグニジがいるとMLでキューティー二宮さん(仮名。一部実名(^_^;)からキャッチ!
よし!そこだ、と、徹夜明けの20日午前5時30分、愛車RVRは国道230号線を、地図を見ながら曝走したのである。   

98072101
こんな場所が豊平川上流にあるんですねぇ

98072102
でっかいのが潜んでそうな淵。過去には豊平川上流ではビッグサイズが出ています。

で、結論から言うと、二年子の小さいヤマベが一本だけでした(涙)しかし、豊平川上流は餌釣り(子供)が多い!都会の川なので、みんな偏光グラスで、ばきばきフライ振りまくりか!?というとってもファッショナブルなシチュエーションを想像していましたが、意外にも餌ばかりではありませんか。

30センチ程度のニジマスを何本かにがしましたが(実はウグイか?)意外と魚影は濃くて、大きな渕にはそれなりの大きな魚がいそうです。川がすごい大きいので、気持ち良くロッドを振った一日でした。 

98072103_2
あそこに向けてキャスト!

98072104
出ました!

98072105 
来た来た!

98072106
いえーい(^_^)。やさしくリリースじゃ。札幌でも、北海道の豊かな自然があるんだなと感じさせる時間でした。

1998.05.17

実家に遊びに行ったついでに-ヤマベ(ヤマメ)、イワナに癒される

1998年5月17日のある日、実家に帰ったついでに、夕方とある川を攻めてみました。この川はヤマベとイワナが多く、特にヤマベは十数年前から放流をつづけてきたせいか、徐々に資源量が増えてきました。もっとも穴場紹介、みたいな感じで本で紹介されて以来、すっかり人が増えてしまいましたが・・・   

980500r

タックルは珍しくルアーで行くことに決定。何故かというと、この時期、アメマスが遡上してくるからです。しかもこの時期のアメマスは大型が多く、中には60センチ級のも上がります。北海道島牧のアメマスも60センチ、70センチがごろごろ上がるが、ここはそんなにサイズは出ないモノの、人も少なく、必ず上がるポイントを知っているので、春先の定番メニューとなっています。 

9805002

で、結論から言うと、もうウホウホでした(笑)30センチ程度のアメマスが7連続ヒット!おまけに実に久しぶりに尺モノのヤマベも釣ってしまいました(笑顔)いや~たまりません。春先の海から遡上したてのアメマスというのは、油が乗りまくりなんですが、全てリリースしました。今年は回数は全然行けそうも有りませんが、何やら良い釣りが出来そうな気がします。 

9805001

ツイッター

Google AdSense


最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31